芸能

天才テリー伊藤対談「川地民夫」(3)小林旭はとにかく負けず嫌いだった

テリー 川地さん、当時は相当稼いでいたでしょう? だって、あの頃の映画スターですからね。

川地 金なんか一銭もないですよ。映画に出て、終わっても「ご苦労さん」って20万かそこら渡されるだけですから。

テリー 当時の20万って、今だと200万ぐらいじゃないですか。あの頃の初任給って1万~2万ですから、やっぱり相当なものだと思いますけど。

川地 でも、当時の映画会社で考えると、日活はすごく安いんですよ。あれだけの人気者だった裕次郎でさえ、1本100万だったんだから。

テリー それでも安いほうなんて、ちょっとレベルが違いすぎるな(笑)。川地さんは、お金を何に使っていたんですか?

川地 飲み屋ですね。銀座に行ったり‥‥考えてみたら、あの頃は飲み屋も高かったんだね。1軒4~5人で行ったら、やっぱり10万~20万は払ってたから、ほとんど残らないですよ。

テリー 当時、誰とよく飲んでいたんですか?

川地 年中一緒に遊んでいたのは、沢本忠雄。日活に入った時には、沢本、小林旭と僕で「三悪トリオ」なんていうくくりで売り出されましてね。

テリー ありました、ありました。

川地 その頃の裕次郎の愛称が「タフガイ」で、二谷英明が「ダンプガイ」、のちに旭も「マイトガイ」になった。

テリー 日活の男性スターの愛称は、「ガイ」で統一されていましたね。

川地 それで、僕と沢本で「俺たちは“何ガイ”ですか?」って日活に聞きに行ったの。そうしたら「問題外だ」って(笑)。

テリー アハハハハハ! しかし、当時の日活にはいろいろ個性的な役者がいましたよね。

川地 そうですね。僕のすぐあとに入ってきたのが赤木圭一郎。

テリー 赤木さん、鮮烈な印象を残しましたね。カートの事故で若くして亡くなってしまいましたけど、どんな印象の方でしたか。

川地 どんくさいヤツだったんですよ。映画ではあんな感じなんだけど、実際は“スポーツ不万能”っていう感じ。だから、あんなことになっちゃったんだね。

テリー では、小林旭さんは?

川地 うん、出会った時から「あいつは出世するな」って思ったね。とにかく負けず嫌い。「俺は石原裕次郎のようになるんだ」って。裕次郎を“憧れ”じゃなく、“ライバル”として見ていたし、力道山の道場にも通って体を鍛えていたから。

テリー さっきチラッとうかがいましたけど、日活スターの男女関係って、どんな感じだったんですか?

川地 割と乱れていたんじゃないですか。いや、特定の人が(笑)。

テリー へえ、例えばどういう方が?

川地 二谷英明とかね。

テリー 二谷さん、一見、真面目そうですけどね。

川地 あの人のアダ名は「偽牧師」だから。タバコのピース缶を抱えて口説いている姿が、聖書を持った牧師みたいに見えるからなんですけどね(笑)。で、裕次郎のアダ名は「ニワトリの裕次郎」。

テリー そりゃまた、どういう意味ですか?

川地 早いんですよ。女の部屋に行って、5分で出てきちゃう。で、宍戸錠は「早乗りの錠」。

テリー アハハハハ! いちいちウマイなぁ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権