芸能

「好きな芸人」番付でBIG3&ダウンタウンに迫る“郷土愛”コンビの魅力!

 昨今はネタを披露するだけでなく、雛壇からヤジを飛ばしたり、政治社会にコメントしたりと、活動の幅を広げているお笑い芸人。果たして彼らは視聴者からどのような視線を送られているのか。9月21日発売の「週刊文春」では、「好きな芸人」「嫌いな芸人」のアンケートを実施。その結果を発表している。

「好きな芸人」の1位は明石家さんま、2位はタモリ、3位はダウンタウン、5位はビートたけしと、やはり大御所の名前がズラリ。そこに割って入ったのが07年のM‐1グランプリで、敗者復活から優勝を遂げたあの2人だ。

「4位に入ったのがサンドウィッチマンです。年間120本以上のステージをこなしているそうで、漫才が抜群に面白いことでも知られています。9月18日放送の『PON!』(日本テレビ系)にVTR出演したビートたけしが取材終了後、リポーターのお笑いコンビ、カミナリに声をかけ、カミナリがサンドウィッチマンと同じ事務所だと伝えると『サンドウィッチマンってことはいいところ(事務所)行ったね』『あいつらうまいからな。いい腕してる』とコメントしたこともニュースになりました。また、東日本大震災後は地元・宮城をはじめ東北の復興に尽力。地元ローカルテレビでのレギュラーのほか、震災を風化させない継続的な活動で、集めた募金額が4億円を超えたことも話題になりました。一本筋の通った芸人として、男女を問わず好感度が高いことは誰もが納得できるところでしょう」(芸能ライター)

 いつまでもお笑いファンのため、そして東北のために活躍し続けてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」