特集

小池百合子、「都知事辞任⇒衆院選出馬」で始まる党内大粛清!

Sponsored

「希望の党を立ち上げたい。私がしっかり旗を掲げる」

 9月25日、都庁で緊急会見を開いた小池百合子都知事(65)は、「戦闘服」である緑色のジャケットを着て、駆けつけた約100人の報道陣を見渡すと、自信たっぷりの口調でこう“宣戦布告”した。

 安倍総理の突然の衆議院解散で、後手後手に回っているかのように見えた「小池新党」。ところが、解散当日に、安倍総理が記者会見を開くという情報を聞きつけるや、その会見の3時間半前に小池氏自ら党首になるというサプライズ付きの奇襲作戦でみごとに劣勢だった「小池新党」のイメージを一変させることに成功した。その後は、白旗を掲げた民進党が事実上の解党。さらには、小沢一郎(75)代表が率いる自由党に、日本維新の会までが連携を申し出るなど、完全に「反自民勢力」の結集に成功。選挙結果次第では、念願の「日本初の女性総理の座」もすでに視野に入れているのだ。

民進党関係者が語る。

「実は9月25日の『希望の党』会見の翌夜、都内で民進党の前原誠司代表(55)、民進党最大の支持団体・連合の神津里季生会長と極秘会談を行っています。1カ月ほど前から、小池さんと前原さんはよく連絡を取り合っていたんです。自民党を倒す秘策が話し合われ、民進党を離党して希望の党に合流するのか、党籍を残したまま希望の党に公認するのか、など案が浮上しました。会談には自由党の小沢氏も顔を出したそうです」

 しかし、本来ならば「小池新党」の結党に奔走していたはずの小池氏の最側近・若狭勝前衆院議員(60)が同席していてもおかしくないはず。ところが、新党結成の中心人物の一人である民進党を離党した細野豪志元環境相(46)のいずれも“カヤの外”で、「希望の党」党首への就任を聞かされたのも実に、会見1時間前だというから恐れ入る。そのあげく、記者会見では、「若狭さん、細野さんをはじめとする方々が議論をしてきたが、リセットして私が立ち上げる」

 と、ちゃぶ台をひっくり返されてしまっているのだ。

 その顛末は10月3日発売のアサヒ芸能誌上にて。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】