特集

プロ野球「激変ストーブリーグ」裏速報!

Sponsored

 今シーズンも大勢が決し、CS目前となったプロ野球だが、早くもストーブリーグの動きが騒がしい。圧倒的な強さで2年ぶりのリーグ制覇を果たした、ソフトバンクは今オフも大型補強が止まらない。松坂大輔を3年間遊ばせたうえ、来季も残留させる流れの中で、何と、カブスの上原浩治とメッツの青木親宣のW獲りもスタートしているというのだ。

「この方針は、孫正義オーナーの信念なんです。メジャーで活躍している日本人プレーヤーは、日本の宝。最高の条件で最後はソフトバンクのユニホームを着てもらい、その知識と技術をチームに伝えて、日本のファンに見てもらいたいという大きな考えでいるんです。『もうメジャーのお古はいらんでしょう』という声もありますが、孫オーナーは、そんな雑音に耳を貸さず、松坂の復活さえサポートする考えでいる。その意向をくんだフロントサイドは、数年前から毎年オフ、川崎、上原、青木にオファーを出してきました。すでに川崎の古巣復帰には成功しましたが、今年はまだ“もしかしたら”があるかもしれません。特に今シーズンはサファテ(36)、岩嵜翔(27)を酷使しただけに、ブルペン強化のために上原は何としても欲しい人材です」(ソフトバンクに詳しい球界OB)

 同じくパ・リーグでは、2位争いを繰り広げているにもかかわらず、2年目の楽天・梨田昌孝監督がピンチを迎えているという。

「3位に終わって本拠地のCS開催を逃したうえ、CSでもあっさり負けるようだと退任を突きつけられます。梨田監督のクビが危ないのはもちろん、三木谷オーナーの意向です」(地元のメディア関係者)

 実は、楽天の首脳陣にとっては恐怖となる、三木谷オーナーの現場介入が2年ぶりに復活し、梨田監督を悩ませているというのだ。

 周知のとおり、楽天にはデーブ大久保前監督の時代、三木谷オーナーがFAXで打順などの選手起用を直接指示し、チームがバラバラになった過去がある。

「ファンから猛烈な批判を受けた三木谷オーナーは、星野仙一氏を副会長に据えてカモフラージュし、現場介入を我慢してきました。ところが序盤は快調だった今年も、ケガ人が出てから急落すると、また悪い病気が出てきたんです。今回の指示はLINEで来ていたそうですが、梨田監督が、その指令をたびたび無視するものだから、オーナーの逆鱗に触れている」(前出・メディア関係者)

 監督人事や補強戦略はどの球団も騒がしい。他にも巨人、阪神…。詳細は10月3日発売のアサヒ芸能10月12日号で。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?