芸能

綾瀬はるか「奥様は、取り扱い注意」にボクシング関係者から非難殺到!

 綾瀬はるか主演のドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)が10月4日にスタート。その初回放送では綾瀬の演じる主婦が元・特殊工作員だったことが明かされ、クライマックスでは妻に暴力を振るっていたDV夫を制裁するシーンが展開された。鮮やかな手さばきで相手のパンチをさばく姿に視聴者は喝采を送っていたが、そのシーンを苦々しく思う人たちも少なくなかったという。スポーツ系のライターがささやく。

「そのDV夫がボクシング経験者で、しかも高校王者や大学王者に輝いた実力者という設定が、ボクシング関係者の逆鱗に触れたのです。妻に手をあげるばかりか、包丁で腹を刺すという異常性格者として描かれていたのですから、『ボクシングとDVを結びつけるな!』『素手で闘うボクサーに刃物を持たせるな!』と、二重の意味で非難が集まるのも当然でしょう」

 作中では綾瀬がDV夫の元を訪れた際に、部屋に飾られた賞状やトロフィーをクローズアップ。さらに綾瀬による制裁シーンではトロフィー類に夫の頭を打ち付けていた。これでは「ボクサー夫=DV」という演出だと指摘されるのも当然だろう。

「それに加えて、どうせボクシングを描くならもっと正しく描いてほしいという声もあがっています。DV夫が飾っていた盾には『全日本大学ボクシングリーグ戦 男子ライト級 優勝』の文字が。しかし大学のリーグ戦は団体対抗戦ですし、日本のアマチュア個人戦には“成年の部”しかなく、大学王者なるものは存在しません。これも制作側がボクシングについてちゃんと調べていなかった証拠です」(前出・スポーツライター)

 綾瀬の「元・特殊工作員」というキャラを際立たせるためにボクシングを利用したのかもしれないが、結果として脚本の底の浅さを露呈してしまったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ジャニーズがブチギレた!?明石家さんまと中居正広が絶対共演NGの裏事情
2
闇に葬られた「放送禁止」作品(1)お蔵入りとなった佐々木希の“初夜シーン”
3
闇に葬られた「放送禁止」作品(2)草なぎ剛、キムタク、井ノ原快彦、堂本剛も巻き込まれて…
4
手越問題も影響?「NEWS ZERO」有働アナ就任で桐谷美玲ら大量降板か
5
石原さとみ、「高嶺の花」撮影時に山下智久との失恋を“思い出す”ワケ