スポーツ

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(1)ルメールが乗れるように出走レースを調整

 秋GI戦線真っ盛り。先日、3歳クラシック3冠目となる秋華賞、菊花賞が終わったが、オークス、ダービー馬がともに不在。「馬よりも騎手を優先」するローテーションに、競馬ファンからは残念がる声が漏れ伝わってくるが──。

 現在の競馬はC・ルメール(38)1強ムードだ。次から次へと、彼のもとに有力馬が集まってきている。そのため、馬主や調教師は彼が乗れるように出走レースを調整。馬もそれに合わせて仕上げていくありさまだ。

 その最たる例は、ほとんどの有力馬をルメールに乗せている藤沢和雄厩舎。今秋もダービー馬レイデオロを神戸新聞杯⇒JC、オークス馬ソウルスターリングは、毎日王冠⇒天皇賞・秋と使い分けし、ルメールが乗れるように図っている。

 もちろん、新馬の有力馬もルメールを確保できるスケジュールに合わせて出走レースを調整しているが、

「藤沢師は、かつてオリビエ・ペリエ騎手と組んで、シンボリクリスエスやゼンノロブロイといった馬で黄金時代を築きました。その再現を、残り4年の調教師生活でしたいようです。そして、日本の競馬にすっかり慣れたルメールなら、やってくれそうだと思っている。もはや『黄金コンビ』と言っていいでしょう」(スポーツ紙記者)

 馬主サイドのラブコールもひっきりなしだ。福永祐一(40)をひいきにしていた佐々木主浩オーナーも、ここにきてルメールへ乗り替えた。GI2勝馬のヴィブロスは、府中牝馬S(2着)に続いて、エリザベス女王杯でもルメールが騎乗する予定。これは福永にとってショックだっただろう。ヴィブロスがモレイラでGIドバイターフを勝った時に、佐々木オーナーは「うちの主戦は、あくまでも福永祐一です」と発言していたのだから。それに福永には、ヴィブロスをGI馬にしたのは自分だという自負もある。そう思うと、この乗り替わりは今後に尾を引いていきそうだ。

 売り出し中の若手、荻野極(20)もルメールに乗り替わられた。7月の新馬戦でアーデルワイゼを勝たせたものの、次走のもみじSではルメールが騎乗(2着)。

 荻野は新馬戦後、「いい内容で勝てましたね。折り合いのつくタイプなので、距離が延びても対応してくれると思います」と喜んでいたが、次のチャンスは与えてもらえなかったのだ。

 この乗り替わりにはファンから「腕を上げている荻野騎手に乗ってもらいたかった。どうせルメールはGIになればもっと強い馬を選ぶことができるんだし」という声も上がったほど。

 調教師の中には、今のように外国人騎手を優遇していたら若手が育っていかない、と危惧の念を抱いている人もいるが、流れを変えていくのは難しいようだ。

「矢作師や音無師は若手を育てるために、自厩舎所属の坂井瑠星(20)や松若風馬(22)になるべく乗せるようにしていますが、有力馬に関しては無理ですね。馬主から『ルメールで行ってほしい』と言われたら、断るわけにはいかない。そういう意味では昔が懐かしいですよ。競馬の世界には『騎手は名馬の背中を知って成長していく』というたとえがありますが、武豊(48)も若い頃にスーパークリークやシャダイカグラといった名馬に乗ることで、騎乗技術に磨きをかけることができた。そういうことは、もうないのかもしれませんね」(前出・スポーツ紙記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
3
「レッドカードな女」の即刻退場バトル(2)満島ひかりがクドカン舞台を降板した理由
4
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
5
西野ジャパン「本田は消えてくれ」クーデターの全容をキャッチ!