スポーツ

元若嶋津「深刻病状」と高田みづえ「芸能界復帰」急転(1)昏睡状態にいたった理由とは?

 元大関・若嶋津の二所ノ関親方(60)が路上で倒れ、一時は「意識不明の重体」と報じられた。現役時代は「南海の黒豹」の異名で人気を博し、現在は相撲協会で審判部長の要職に就く。突然の出来事に、九州場所を控えた角界だけでなく、芸能界にも動揺が広がっているという。

「どんな相手でも四つに組めば豪快な吊りもあり、他の人気力士にはない華がありました。84年の七月場所で全勝優勝を飾り、綱とりがかかった次の場所では、終盤まで優勝争いに絡んだものの、結果は多賀竜の平幕優勝に終わりました。その場所は蔵前国技館で開催された最後の場所。一時代を象徴する名力士でした」(角界関係者)

 87年の引退後は親方として後進の指導にあたり、

「真面目で誠実な人柄で、相撲協会内での人望も厚かった」(前出・角界関係者)

 そんな二所ノ関親方が、千葉県船橋市内の路上から病院に搬送されたのは10月19日の夕方だった。

「その日、親方は部屋近くの入浴施設で体調不良を訴えました。にもかかわらず、自転車で部屋に帰ろうとして転倒。倒れているところを発見されました。サウナを出てからそこに至るまで、何度も転倒したそうです」(スポーツ紙記者)

 実際にサウナから発見現場までの道のりを歩くと、道路に面した畑の中に、二所ノ関親方の転倒跡と思われる大きなくぼみが確認できた。

 脳挫傷と診断された当日、約4時間半に及ぶ開頭手術が行われたが、いまだ昏睡状態が続いている(※10月27日時点)。

 脳神経外科「山本クリニック」の山本博昭医師は、救急救命センターの勤務経験を踏まえてこう話す。

「脳神経外科的な見地に立てば、『なぜ転倒したのか』という、頭部外傷前の状況を考えることが重要です。角界で要職をこなす親方は、体力もおありで、足元がフラつく年齢ではないと思うのですが‥‥」

 山本医師によれば、転倒する以前から、歩行障害や意識障害を引き起こす、「転倒しやすい病態」が脳にあった可能性があるという。もっと早くに、脳に異変を感じた時点で助けを求めていれば、現在の「深刻病状」とは違う結果になっていたかもしれない。二所ノ関親方は雨の中で何度も転倒し、泥だらけになりながら家路を進み続けた。

「二所ノ関親方は『土俵の鬼』と言われた初代若乃花の愛弟子で、二子山部屋の猛稽古に耐え抜いて大関になった。『あの稽古に比べれば、なんのこれしき』という思いもあったのでしょう。持ち前の我慢強さが災いしたのかもしれません」(相撲評論家・中澤潔氏)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
2
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
3
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
4
キムタク次女がスポンサーから敬遠される意外な理由とは!?
5
乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮