政治

アベノミクス再始動「日本の生活のゆくえQ&A」(3)原発再稼働の行方

【Q5 原発再稼働をゴリ押しで進めるのか?】

 福島であれだけの致命的な原発事故が起きても、自民党は「重要なベースロード電源」と位置づけ、原発再稼働を進める立場だ。先の衆院選では、原発政策慎重派だった前新潟知事の泉田裕彦氏(55)が自民党公認で出馬。選挙戦では野党統一候補を応援する自由党の森裕子参院議員(61)から、

「再稼働ストップのために戦ってきたのに。ダークサイドに落ちたな」

 と猛批判される一幕も。

 こうした原発周辺では変化が起きている。原発立地自治体に限定して支払われてきた国の補助金が、17年度から原発の半径30キロ圏内の自治体に広がっていた。

 補助事業の「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」は16年度から始まり、老朽化などで廃炉が決まった原発の自治体に対し、新たな再生可能エネルギーの普及を支援するものだったはずだが‥‥。

「17年度の交付条件から『廃炉』の文字がなくなり、その変更は報道発表もされなかったため、補助金の拡大は再稼働容認を同意させる狙いがあると勘ぐられたのです」(社会部記者)

【Q6 東京五輪開催で繁華街はどう変わるのか?】

 安倍自民は東京五輪に向けて「世界一安全な国、日本」の実現を公約にしている。新宿・歌舞伎町では早くも「浄化作戦」が始まっていた。

「客引きをするエロDVD業者の中には、クスリの売買に関わっている人もいる。これまでは客が『DVDはいらないから“S”(シャブ)が欲しい』と言うと案内していましたが、最近は当局の締めつけで商売ができない。“立ちんぼ”も職務質問が厳しく、たむろしていたビル前から姿を消しています」(風俗店キャッチ)

 東京五輪が近くなれば、さらに「規制」は強まる。性風俗事情に詳しいライターの吉岡幸二氏はこう話す。

「石原都政時代は、店舗型風俗やマットヘルスが狙い撃ちされました。90年に大阪で『国際花と緑の博覧会』が開催された時は、ソープランドが摘発されて壊滅しただけに、東京でも吉原のソープランドが狙われると見られています」

「安倍一強」体制のやりたい放題は続きそうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!