芸能

橋下徹「維新議員を大罵倒した理由」は茶髪弁護士時代の著書にあった!

 一昨年末に大阪市長を退任し、現在はテレビ出演や講演活動を行っている橋下徹氏。今年9月まで放送されていた「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)ではMCを務め、現役議員をゲストに招き議論を繰り広げるなど、いまだ政界のキーマンとして存在感を発揮している。そんな橋下氏は、10月25日にツイッター上で日本維新の会所属の丸山穂高衆院議員を痛烈に罵倒。丸山議員が離党届を提出するなど大きな波紋を呼んでいる。

 コトの発端は、衆院選での維新の議席減を踏まえた丸山氏のツイート。「総括と代表選が必要」と主張する丸山氏は「若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば」と同党の松井一郎代表をヤユするニュアンスのツイートを行った。このツイートに橋下氏が大激怒。丸山氏に対し「言葉遣いから学べ、ボケ!」と過激な言葉で批判を連発したのである。唐突にも思える橋下氏の罵倒について「今も維新で絶大な影響力を持つ橋下さんにとって、松井代表に対する丸山氏のヤユは自分にキバをむいたのと同じ。そんなシーンで猛烈にまくし立てるのは、橋下さんの昔からの“手法”ですね」と指摘するのはフリージャーナリストだ。

「彼が茶髪弁護士としてテレビに出ていた2005年に『心理戦で絶対負けない交渉術』という本を出しているんですが、『相手をたたみ込む話術のポイント』として、今回のような“まくし立て方”を解説しているんですよ」

 茶髪弁護士時代に記した「相手をたたみ込む話術のポイント」とは──。

「『こちらを見下すような発言には、徹底して対抗しなければならない』と強調しています。その理由は『相手が上で自分が下』という立場にさせないため。相手が大きな声を出してきても、それを上回る音量で言い返すべきとも記している。今回、丸山議員に行ったような『過剰な反撃』は橋下さんのポリシーなんです」(前出・フリージャーナリスト)

 若くして橋下氏の「交渉術」は完成されていたのであった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”