芸能

橋下徹「維新議員を大罵倒した理由」は茶髪弁護士時代の著書にあった!

 一昨年末に大阪市長を退任し、現在はテレビ出演や講演活動を行っている橋下徹氏。今年9月まで放送されていた「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)ではMCを務め、現役議員をゲストに招き議論を繰り広げるなど、いまだ政界のキーマンとして存在感を発揮している。そんな橋下氏は、10月25日にツイッター上で日本維新の会所属の丸山穂高衆院議員を痛烈に罵倒。丸山議員が離党届を提出するなど大きな波紋を呼んでいる。

 コトの発端は、衆院選での維新の議席減を踏まえた丸山氏のツイート。「総括と代表選が必要」と主張する丸山氏は「若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば」と同党の松井一郎代表をヤユするニュアンスのツイートを行った。このツイートに橋下氏が大激怒。丸山氏に対し「言葉遣いから学べ、ボケ!」と過激な言葉で批判を連発したのである。唐突にも思える橋下氏の罵倒について「今も維新で絶大な影響力を持つ橋下さんにとって、松井代表に対する丸山氏のヤユは自分にキバをむいたのと同じ。そんなシーンで猛烈にまくし立てるのは、橋下さんの昔からの“手法”ですね」と指摘するのはフリージャーナリストだ。

「彼が茶髪弁護士としてテレビに出ていた2005年に『心理戦で絶対負けない交渉術』という本を出しているんですが、『相手をたたみ込む話術のポイント』として、今回のような“まくし立て方”を解説しているんですよ」

 茶髪弁護士時代に記した「相手をたたみ込む話術のポイント」とは──。

「『こちらを見下すような発言には、徹底して対抗しなければならない』と強調しています。その理由は『相手が上で自分が下』という立場にさせないため。相手が大きな声を出してきても、それを上回る音量で言い返すべきとも記している。今回、丸山議員に行ったような『過剰な反撃』は橋下さんのポリシーなんです」(前出・フリージャーナリスト)

 若くして橋下氏の「交渉術」は完成されていたのであった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!