スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダブルシャープの軽視は禁物」

 朝日杯フューチュリティSが今週のメイン。中央競馬のフィナーレを飾ることになったホープフルSがGIへ昇格。こちらは2000メートルの距離で争われるだけに、来春のクラシックを意識した顔ぶれになる。

 反面、この朝日杯FSは従来どおりのマイル戦。いわば2歳の総決算であると同時に、スピード色の強い馬がこれまで以上にそろうことで、今後のマイル路線を占える重要な一戦。どんなスター候補が誕生するのか、楽しみでもある。

 アサクサゲンキ(小倉2歳S)、カシアス(函館2歳S)、フロンティア(新潟2歳S)ら、デビューが早く、夏場の重賞を制したスピード自慢は、ここ目標に健在であり、レコード決着となったサウジアラビアRC1、2着馬ダノンプレミアム、ステルヴィオも元気いっぱい。

 そして、タワーオブロンドン、ファストアプローチの藤沢和厩舎の2騎。以上が有力候補として名があがっているが、ダノンスマッシュ、ムスコローソなども差のない評価で、激しくて見応えある競馬が堪能できそうだ。

 中山から阪神に舞台が移って4年目になるこのGIは、馬券的には中穴傾向にある。馬単導入後のこれまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは5回(馬連3回)。1番人気馬は3勝(2着4回)、2番人気馬は5勝(2着1回)で、1、2番人気馬のワンツーは2回という具合だ。

 ただ、阪神に移ってからの過去3年で2度、馬単で万馬券(馬連で1回)になっており、人気どおりの決着とはいかなそうだ。

 本来なら目下連勝中のタワーオブロンドンから入るべきなのだろう。先頃、引退したディーマジェスティ(皐月賞)、ジェネラス(英、愛ダービー)を近親に持つ良血で、前2走のレースぶりが、また鮮やか。不安材料が見当たらないが、これでは穴党としてはおもしろくないだろう。

 少しばかり評価を下げたものの、魅力たっぷりな馬がいる。穴党として最も期待を寄せたいのは、ダブルシャープだ。

 周知のとおりホッカイドウ競馬からの移籍馬。8月のクローバー賞でタワーオブロンドンを破った力量馬だが、前走のサウジアラビアRCでは6着に敗れている。

 しかしこれ、北海道の門別から東京競馬場までの長距離輸送。その輸送減り(体重減)が気がかりだったのだろう。直前の追い切りを軽めにしたのが裏目に出た格好。レースでは前走比で体重が8キロも増えていた。つまり、重め残りだったわけだ。

 それでも勝ったダノンプレミアムとはコンマ6秒差。やはり力がある証拠で、まだ勝負づけは済んでいない。転厩後のこの中間は、すこぶる順調。1週前の追い切りは軽快そのものだった。

「疲れはなく、環境にもすぐに慣れた。うちに来てからも、ここ目標に問題なく仕上げられている」

 こう渡辺調教師はじめ、厩舎スタッフが口をそろえるほどだ。ならば、期待していいのではないか。

 クローバー賞がフロックでなかった証拠に、続く札幌2歳Sでは、出遅れながら勝ち馬と同時計の3着惜敗。中央移籍は請われてのものなのだから、軽く見るのは断じて禁物だ。

 天皇賞・春を制したメジロブライトが近親にいて、ナスノコトブキ(菊花賞)など一族に活躍馬が少なくない血筋。GIパリ大賞典を勝ったスタミナ豊かなベーカバドが父親であることから、大一番での破壊力が期待できる。

 これまでのレースぶりからセンスのよさと勝負強さを兼ね備えているのは明らか。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田村淳も蛍原も消える?吉本芸人大量処分が招く「トバッチリ業界余波」!
2
ホステス過去が影響?日テレ笹崎里菜がレギュラー1本になった「本当の原因」
3
「ラジエーションハウス特別編」、高視聴率も“ブーイング”が続々だったワケ!
4
藤田ニコル、因縁の仲のりゅうちぇると直接対決も評判が爆上げとなったワケ
5
芸能美女の“生娘卒業”(9)榮倉奈々、地元・鹿児島時代に“12股伝説”が!