芸能

元ひょうきん族演出家が「たけし&石橋」辛口採点

「若手に任せず大物こそ汗をかかなければダメ」

「奇跡のコラボレーションがついに実現!」─そんな宣伝文句とともに鳴り物入りでスタートした「日曜ゴールデンで何やってんだテレビ」(TBS系)が苦戦を続けている。ビートたけし(65)と石橋貴明(51)が初タッグを組んだものの第3回目の視聴率は、4・9%に急降下しているのだ

「裏番組を作っている俺たちからするとラッキーのひと言ですよ。最初は何をやるのか、わからなくて気になっていたけど、あの程度の内容ならまったく怖くない」

 他局のスタッフも余裕しゃくしゃくでこう話すほど。たけしと石橋の“関東お笑い界のツートップ”が共演したにもかかわらず、「何やってんだテレビ」の視聴率は芳しくない。

 裏番組は「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)、「爆笑 大日本アカン警察」(フジテレビ系)など強敵ぞろいとはいえ、あまりにも寂しい数字だ。「テレビをバカにしているのかと、制作スタッフに言いたいですね」

 そう嘆くのは、ビートたけしや明石家さんまらを一躍スターダムにのし上げた伝説の番組「オレたちひょうきん族」(フジ系)の演出を担当したテレビプロデューサーの佐藤義和氏である。たけしらとともに人気番組を作り上げた佐藤氏は、「何やってんだテレビ」には厳しい評価を下す。

「2人とも汗をかいていないですね。たけしも貴明も最初に企画を話し合うだけで、あとは若手芸人にやらせて結局、何もしていないじゃないですか。あんなに手を抜いて番組を作って、それを見せられる視聴者はたまったもんじゃありませんよ」

 番組のメイン企画は、若手芸人のコントを2人が鑑賞して寸評するというコーナーが中心。いわばネタ番組の司会をたけしと石橋が担当しているといった内容だけに、佐藤氏も「物足りなさを感じる」と指摘する。

「制作スタッフは番組の中身を2人にお任せで、手を抜いているのでは?

 2人が何をしたらおもしろいのかを考えるなどの努力が見えません。大物をキャスティングしただけで番組が成功するかといったら、そんなに甘いものじゃない」

 蓋を開ければ、視聴率は低空飛行。共演が不発に終わったのも当然だというのである。その違いとして、かつて手がけていた「ひょうきん族」とは、スタッフの番組にかける意気込みの差が歴然と解説する。

「『ひょうきん族』は、スタッフがどうしたらおもしろくなるかを真剣に考えて作っていましたね。キャスティングや企画設定などは制作スタッフが用意し、そのあと、たけしを入れてリハーサル。その段階で、彼のほうから『こうしたほうがいい』などのアイデアを繰り返し出して、それをさらにスタッフが膨らませ、実際の放送ではよりおもしろいものが出来上がっていました。みんな、汗をかいていたんですよ」

 だが、関東のビッグ2の共演だけに、巻き返しの可能性はまだまだ十分にあるという。

「若手芸人など他の人間にやらせないで、2人が汗をかいて、全力でバカバカしいことをやっているのが伝われば視聴者も見てくれたはず。今の番組のままなら、2人で取りとめのない話をしていたほうがまだいいのではないか。この先も視聴率が取れないまま、傷を負わせては2人がかわいそうです」

 番組のコンセプトである「予測不可能、何が起こるかわからない」にもう一度戻ってみるのがいいのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
3
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
4
“加藤の乱”が影響!?近藤春菜、チャリティマラソン走者に選ばれた理由とは
5
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”