スポーツ

有馬記念SP「万券記者×競馬芸人」大穴一発!座談会(1)サクラアンプルールの中山コース実績を狙う

 17年中央競馬の総決算! 第62回「有馬記念」が今週末行われる。そこで、サンスポ・水戸、競馬芸人・キャプテン渡辺、Gallop・和田の3氏が集結。キタサンブラックの牙城を崩す超ド級の穴馬をあぶり出した。

水戸 今年の有馬記念は、キタサンブラック一強ムードだな。

和田 昨年の覇者サトノダイヤモンドは、凱旋門賞の疲れがまだ残っていて、年内は休養ですしね。

渡辺 出てきてほしかった一頭ですけどね~。

水戸 キタサンは、もはや国民的なアイドルホース。もし勝てば、サブちゃんが「まつり」を歌ってくれて、ファンも大盛り上がりだろう。

和田 ここが引退レースですしね。ただ、(武)ユタカさんは番手抜け出しの競馬をしたいはずなんですが、他に行く馬がいない。

渡辺 逃げたくはないと。でも、仮にそうなったとしても、楽々の逃げ切りもあるんじゃないですかね。

水戸 確かに今回はキタサンに“イタズラ”しそうな馬が見当たらないよな。

渡辺 ですねぇ。とはいっても、僕の周りの競馬友達は、キタサン=テイエムオペラオー説を唱えているんです。オペラオーは秋天とJCを2着して、最後の有馬は単勝1.8倍の1番人気で5着だった。キタサンもオペラオーと同じような道をたどっても、不思議はないんじゃないですかね。

和田 そうは言ってもねぇ。陣営も悔いのない仕上げを宣言しているし、さすがに馬券圏内を外すようなことはないと思いますよ。

渡辺 馬券的には、負けてくれるとありがたいんですけど、僕も全然、応援していますから(笑)。

和田 メンバー的にも実績は一枚も二枚も上。僕は「不動の対抗」ですね。

水戸 これまで19戦して馬券圏外に敗れたのはダービーと今年の宝塚記念だけ。血統(母系)を考えると、どうしてこんなに強いんだと、首をかしげたくなるほど。異能馬とでも言うのかな。私は今までの活躍に敬意を表して3番手だな。

渡辺 僕も印的には3番手の評価ですね。

和田 じゃあ、キャプテンの本命は?

渡辺 サクラアンプルールです。恐らく10番人気ぐらいじゃないですかね。

和田 そこに来たか(笑)。

渡辺 今回のメンバーは、キタサンを除いたらGIではちょっと足りない馬ばかりじゃないですか。有馬記念を得意とする蛯名騎手が手の内に入れている馬ですし、勝つとは言いませんけど、2、3着ならありえますよ。それに穴馬って、一つの理由だけで好走すると思うんですよ。サクラアンプルールは「中山では走る」という、その一点です。

和田 中山の芝では5戦して〈3 1 1 0〉。前々走の札幌記念が1枠だったように、内枠を引ければ、という感じかな‥‥。

渡辺 少なくとも2枠まで。3枠よりも外に入ったら悩むかもしれない(笑)。

水戸 前走の天皇賞・秋(8着)は道悪が敗因だし、札幌記念(1着)は強い競馬だった。クセのある馬だし、最終追い切りを見ての判断になるが、連に絡む可能性は十分ある。

<座談会メンバー>

水戸正晴:サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は40年に迫り、穴党にファンが多い。愛称は「水戸万助」。本誌で「『絶対万券』論」を連載中。

キャプテン渡辺:ピン芸人。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。競馬歴は22年。11年の有馬記念で180万円の払い戻しを受けるなど、穴党の勝負師。

和田稔夫:競馬週刊誌「ギャロップ」本誌予想担当。記者歴は来年で20年。藤沢厩舎に強く、美浦トレセンを中心に取材の鬼としても知られる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?