スポーツ

“プロ野球”監督よりコワイ「猛妻烈伝」(3)完全に倫世夫人に主導権を握られた松坂大輔

「戦略家」としてドジャースの前田健太(29)を支えるのは、元東海テレビアナの早穂夫人(32)。

「女子アナ時代から上昇志向が強く、今はマエケンの知名度を全国区にするため、テレビ番組にも売り込んでいる。ケンカをした時は、一緒にお風呂に入って仲直りするのが恒例です」(スポーツライター)

 メジャー移籍を狙うロッテ・涌井秀章(31)は昨年11月に人気モデルの押切もえ(37)と結婚。料理上手でガッチリ胃袋をつかまれたという。

「唐突なメジャー挑戦表明は、セレブ妻を夢みる夫人のプッシュだったといいます。それでも押切はラジオのレギュラー番組の聴取率がよく、番組側は4月に契約更新を予定している。メジャーで涌井の評価が低いため、マイナーの場合は単身赴任の可能性もあります」(ロッテ番記者)

 今季オフに日本ハムからオリックスにFA移籍した増井浩俊(33)は、奥さんへの電話報告におびえていたようで‥‥。

「奥さんは東芝時代の同僚で、浮ついたところがない。金銭感覚がしっかりしていて、年俸2億円を超えても小遣い制。家族が住む自宅は東京で、単身赴任だった増井ですが、生活を監視されているかのように、日々電話報告をしなければならない。昨年はシーズン途中から先発として活躍。今季も先発の可能性はありましたが、先発だと上がりの日もあるため、毎日、球場入りするリリーフのほうが電話での監視を逃れられるので、リリーフ復帰を志願したともっぱらです。移籍先も、オリックスがリリーフ起用を明言したのが決め手だったとも」(球界関係者)

 ソフトバンクを退団した松坂大輔(37)は、元日テレアナの倫世夫人(42)に主導権を握られ、家庭内でもすでに怪物の面影はなかった。

「コーチ契約を蹴っての退団は、倫世夫人の意向だそうです。そもそも日本球界に復帰した際も、学術都市のボストンで潤沢に教育費をかけて子供を育てている夫人から、『あなたはメジャーのシーズン中、1年で2カ月くらいしか家にいなかった。日本に行っても子供の夏休みにはまとめて会えるでしょ』と丸め込まれ、単身赴任となったそうです」(スポーツライター)

 名選手の裏に「かかあ天下」の存在あり。沙知代さんのご冥福をお祈りします。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
4
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
5
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い