芸能

安室奈美恵 紅白電撃出場の裏にNHKの強行突破

 17年12月19日、引退を控えた安室奈美恵(40)の紅白出場が電撃的に発表された。芸能デスクが驚きを隠せない様子で語る。

「各紙は11月16日の紅白出場歌手リストから名前が漏れたあと、一貫して『紅白出場は絶望的』と、安室の出場の可能性は低いと見ていた。速報を聞いたベテランの芸能レポーターでさえ『聞いてないぞ!』と叫んだほどでした」

 まさに、寝耳に水。このうっちゃり逆転出場の裏に何があった? 女性誌・安室番記者が打ち明ける。

「そもそも安室は、デビュー25周年となる18年の9月16日で歌手生活からの引退を発表しましたが、その背景には、元所属事務所との確執が原因と言われています。安室は3年前に、デビュー以来世話になってきた事務所から独立を果たしました。表面的には収まったかのように見えるトラブルがいまだに尾を引いている」

 小林幸子、美川憲一、最近ではローラなど、安室に限らず売れっ子の芸能人には所属事務所との金銭トラブルは付き物だ。

「もちろん本人はしゃべりが苦手で司会や他の出演者と話すよりも歌とダンスに集中したいという意向があり、紅白出場を渋ったのは事実です。しかし、そもそもNHKと安室の関係は良好で、過去には97年に自身の産休前ラストとその翌年の産休明けの舞台として紅白に出場し、歌手生活の節目に紅白の舞台を選んできた。それに出演すれば、2月からの5大ドームツアーの宣伝にもつながる」(前出・安室番記者)

 実際、引退発表後、安室はNHKからのオファーを受けて引退特番に出演。「20代後半から引退の文字が頭にあった」とし、ドームツアーを成功させて引退する希望を持っていたことを打ち明けている。

「NHKは粘り強く交渉していましたが、そこに元事務所が『出場すれば引退興行に花を添えるようなもの』と安室を特別扱いすることに反対し、出場を制止していたのです。しかし、NHKとしては目立ったヒット曲もない以上、サプライズ枠に期待するしかなく、本番2週間前のギリギリのタイミングで強行突破したというわけです」(前出・芸能デスク)

 紅白出場決定と前後してドームツアーの追加公演が発表されたのは偶然ではないだろう。同じく、特別枠に年越しイベント会場からの中継で桑田佳祐も出演した。紅白の目玉はいずれもNHKホールのステージに、その姿はなかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!