スポーツ

千葉ロッテ、日本人30本塁打は「1986年・落合博満」まで遡ってしまう理由!

「松井秀喜2世」の呼び声高い千葉ロッテドラフト1位ルーキー・安田尚憲内野手が、1月14日、新人合同自主トレで「(将来は)30本打ちたい」とコメントした。

 仮にも「松井2世」と呼ばれて30本では、少ないとお思いの方もいるかも知れないが、実は、ロッテが1990年に千葉マリンスタジアム(現・ZOZOマリンスタジアム)に本拠地を移してから、日本人選手でシーズン30本塁打を打った選手は1人もいない。球団記録としても、1986年に50本塁打を放った落合博満(このシーズン三冠王)まで遡らなければならないのだ。

 外国人選手を含めても、2005年のイ・スンヨプ(30本)、2004年のベニー・アグバヤニ(35本)、2003年のホセ・フェルナンデス(32本)、2001年のデリック・メイ(31本)、フランク・ボーリック(31本)の5人のみ。

「2011年はチーム総本塁打が46本で、その年の本塁打王・中村剛也(西武)が48本という珍記録も。以降、一度もチーム本塁打は100本を超えていません。その原因は、本拠地が“打者不利”な球場であること、それゆえ、ホームランバッターが育たないという負のスパイラルがあるからです」(スポーツライター)

 打者に不利な原因は、もちろん「風」にある。

「マリンスタジアムは海に近いため、秒速5メートルから10メートルの風が吹いていることは当たり前。上空は、センター方向からホームベース方向に風が吹き、バックネットに跳ね返ってピッチャーマウンド方向に、向かい風に変わるという特性があることは有名です。そのため、アンダースローの渡辺俊介や、超スローボール・ジャイロを投げた小宮山悟など、風を上手に使った投手はいましたが、打者にとっては、打ち上げたら押し戻されるだけ。球場別の本塁打の出やすさを示す指標『本塁打PF(パークファクター)』も12球場で最低レベルです」(前出・スポーツライター)

 かの落合も、強風とは無縁な川崎球場での記録。詰まらせて高く打ち上げる技術で本塁打を量産していただけに、マリンスタジアムだったら、違うバッティングスタイルになっていたかも知れないが…。

「ロッテファンの間では、ネットで自嘲を込めて『まロ落遡(またロッテは落合まで遡ったかの略)』と書き込むのが定着しています。今のレギュラークラスにホームランバッターは見当たらないので、安田、もしくはドラフト新戦力が今シーズンからレギュラーに定着し、本塁打を量産しない限りこの記録は未達成のまま『平成を飛び越して』しまう可能性が高い」(前出・スポーツライター)

 現実的に“平成JUMP”は免れそうにないが…このほど、最年少で野球殿堂入りした松井秀喜にあやかって、安田選手にはチームだけでなく日本を代表するスラッガーに成長してもらいたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々