スポーツ

藤田菜七子を襲った「エージェント交替」と「社台の触手」(2)酒席ハシゴの大人気私生活

 菜七子人気は、美浦トレセン内からも伝わってくる。年末年始の忘年会や新年会では、酒席をハシゴで回る忙しさだという。トレセン関係者が明かす。

「東西で192厩舎もあるので、人気ジョッキーは掛け持ちが多いのが一般的。時には、ダブルブッキングで同じ店内を駆け回ることもありますよ。その日の厩舎の忘年会も、日本料理店で行われたんですが、『田中勝春ジョッキーはあとから駆けつけます』なんて司会者が話していたら、最後に菜七子ちゃんも登場してビックリでした」

 突然のサプライズにも動じることなく、マイク片手の挨拶もそこそこに、カラオケの前奏が流れ始めるや、50人ほどの参加者から歓声や拍手が一斉に起きたというからたまらない。

「選曲はもちろん、菜七子ちゃんが大好きな『ももいろクローバーZ』のナンバーでした。年配者に気を遣ってくれたようで、メジャーデビュー曲『行くぜっ! 怪盗少女』。楽しそうに熱唱してくれたので、板の間の舞台で一緒に踊る者までいましたよ。有名なサビの振り付けなんて完璧でしたね。薄ブラウンのロングスカートに、白のブラウス、さわやかなブルーのカーディガンと、アイドル顔負けの服装だったので、あちらこちらでスマホ片手に写メや動画を撮られていましたが、嫌な顔一つせずに盛り上げてくれた(笑)」(前出のトレセン関係者)

 このカラオケは、サビの部分での全力でのジャンプの振り付けが印象的な曲。ふだんはクールビューティーなイメージの藤田が、18年の飛躍を予兆させるような瞬間だったという。

 それもそのはず、天性のスター性も相まって大手タレント事務所のホリプロと契約しているだけあり、今やすっかりアカ抜けして、「美人ジョッキー」の冠も板についた。別の美浦トレセン関係者が明かす。

「今年の彼女のカレンダーを見て驚きました。例えば厩舎で馬とのツーショットでも、黄色いヘルメットをかぶっていない(笑)。今年はスタイリストまで来て、おしゃれなロングスカートに白い革のサンダルで笑顔を振りまいていた」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」