スポーツ

レースクイーンが全滅する!?F1の“新方針”に「嘆きの声」

 美脚の付け根が切れ上がった水着や丈の短いスカートなど肌見せの多い衣装でサーキットを彩り、ファンの目を楽しませてきたレースクイーン。今後、それが消えてしまうかもしれないと心配の声が上がっている。

 その理由というのが、日本でも「F1」の名で知られる自動車レース「フォーミュラ1」が今シーズンから「グリッドガール」を廃止すると1月31日に発表したため。「グリッドガール」とは、レーススタート前にドライバーの名前が書かれたボードを持ってマシン横に立つ女性のこと。日本ではほぼ同じ役割を務める女性を「レースクイーン」と呼んでいる。F1のグリッドガールは開催国の美女が起用され、レースに華を添えてきた。それが今年から廃止されるのだ。

「F1は2016年にアメリカのメディア企業である『リバティメディア』がオーナーになり、2017年シーズンから運営を担ってきました。人気回復のためにさまざまな改革を行っており、昨年のアメリカGPではボクシングのリングアナウンサーであるマイケル・バッファーがノリノリのドライバー紹介をしたこともあります。ですが、グリッドガールに関しては以前から『女性蔑視ではないか』という声が上がっていたため、『現代の基準に合わない』として廃止が決まったんです」(スポーツライター)

 昨年末に廃止が噂され、議論になった際は、ドライバーたちからも反対の声が上がっていた。世界的な流れとはいえ、ファンには残念な決定と言えるだろう。そして、この決定は他のレースにも影響を及ぼす可能性がある。

「F1は4輪モータースポーツの最高峰と位置づけられています。トップがグリッドガールを廃止にすれば、下位も追随する可能性は十分あります。日本では『スーパーGT』や『全日本スーパーフォーミュラ選手権』が人気で、これらのレースに、レースクイーンが華を添えていますが、今後なくなる可能性は0ではありません。そうなったら、残念すぎてしかたがありませんよ」(前出・スポーツライター)

 高島礼子や飯島直子、岡本夏生とレースクイーン出身の有名美女は多い。タレントへの登竜門という意味合いもあるだけに、なくなるとしたら、何とも寂しい話である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
3
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!