小林吉弥

政治

歴代総理の胆力「片山哲」(2)人道主義者と「グズ哲」

片山哲は生まれも育ちも、政治家とは無縁の人道主義者の環境の中にいた。父親はクリスチャンかつ高潔で鳴る弁護士で、母親もまたクリスチャンであった。母からは、幼くして「神様がお守りして下さるように」と、米国の女流作家バーネットの小説「小公子」の一…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「片山哲」(1)国の舵取りなど夢想だにしなかった

片山哲総理大臣は昭和22(1947)年5月、この国の政治史上、「初づくし内閣」としての登場だった。新憲法施行後の初の内閣であり、加えて保革連立のなかで初めて社会党党首として首班に推されたからである。その1カ月前の戦後第2回目の総選挙で、片山…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「吉田茂」(2)長寿の秘訣は「人を食っている」

政界を引退した吉田は、かつての「ワンマン宰相」を引きずるように、生臭さは健在であった。敷地1万1千坪。その名も自ら“命名”した「海千山千楼」の神奈川県大磯の邸宅に昭和16年に雪子夫人を亡くして以来、吉田の身の回りの世話をし続けてきた東京の花…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

歴代総理の胆力「吉田茂」(1)吉田の持ち味がウラ目に

都合7年2カ月の長期政権を誇った吉田茂総理大臣ではあったが、第4次内閣までの約4年間と、それ以後の退陣することになる第5次内閣までとの実績、リーダーシップの発揮いかんは、大きく異なることになる。政権の前半では、太平洋戦争の敗戦で大きな曲がり…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「吉田茂」(2)政治生命を賭けた「講和条約」

その吉田内閣が最も本領を発揮したのは、都合第5次内閣までの7年2カ月の中で、第2次から第4次内閣の半ばまでの約4年間と言えた。この間、吉田のなかには、国の命運がかかる講和条約を成立させる一方、対米関係を重視しながらも、折から米ソ冷戦時代に入…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「吉田茂」(1)総理大臣就任は、運の強さと偶然性によるもの

敗戦による荒廃と、占領という未曽有の時代に、とにもかくにも国民を飢餓から救うため経済の復興に尽力、独立と国際社会への復帰のレールを敷いた吉田茂は、一方で独断専行への批判はあったもののその「胆力」、リーダーシップは戦後宰相の中では第一人者であ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「幣原喜重郎」(2)田中角栄の「政治の師」

その言うなら「外交のプロ」の幣原が、じつはやがて総理大臣となる田中角栄にとって、「政治の師」であったことはあまり知られていない。田中は生涯にわたり、自ら「三人の先生がいる。他に先生はいない」と明言している。一人は「恩師」として、新潟の出身校…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「幣原喜重郎」(1)「軍人は政治に関与すべからず」の信念

昭和20(1945)年8月17日、終戦への道筋をつけて退陣した鈴木貫太郎総理のあとは、占領軍を迎えるという未曽有の事態を円滑に進めるため、東久邇宮稔彦王(ひがしくにのみやなるひこおう)が就任した。日本初の皇族総理である。すでに、昭和天皇は「…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「鈴木貫太郎」(2)「老子」一冊を友に辞任決断

政権に就いたときすでに齢77、鈴木は総理としての大命が下る前に、「すでに耳は遠く、内閣首班としてその任にあらず」と拝辞したのだが、昭和天皇は「政治は知らなくてもいいからやれ」と大命を下したものだった。時に、陸軍にはこの内閣が「和平」へ踏み出…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「鈴木貫太郎」(1)「軍人は政治に関与すべからず」の信念

太平洋戦争の戦局がいよいよ不利となり、東条英機政権が崩壊やむなしで次に担ぎだされたのが、陸軍出身、朝鮮総督の小磯国昭だった。しかし、小磯はまさに、「ひねり出された総理」と言えた。時に、知略に富んだ陸軍出身の軍人たちは前線に出ており、「人材不…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「東条英機」(2)夫妻303通の手紙交歓エピソード

退陣後の東条は、東京・世田谷の自宅に引きこもる日々を過ごし、終戦の玉音放送もこの自宅のラジオで聴いた。昭和20(1945)年9月11日夕方、戦犯としての東条の逮捕のためGHQ(連合国軍総司令部)のMPの一団が自宅に到着すると、東条はそれを自…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「東条英機」(1)天皇への忠誠心に富んでいた

近衛文麿退陣後、日米開戦を決断、「悪の権化」視された東条英機が総理大臣に就任するまで、次のような政権の動きがあった。近衛文麿の第一次内閣が、「日独伊防共協定」の強化問題などの難航で政権を放棄したあと、近衛の強い推薦で後継総理となったのは、わ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「近衛文麿」(4)椅子に腰掛け天皇奏上の“無礼”

近衛は、白皙の秀才だった。家柄は「五摂家」の中でも九条と並んで格が高く、ちなみに他の一条、二条は九条の、鷹司(たかつかさ)は近衛の分家となる。一高から東大哲学科に入ったが講義内容に飽き足らず、京大法科に入った。ここで、河上肇、西田幾多郎らか…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「近衛文麿」(3)天皇いわくの近衛の「弱さ」

「近衛は弱いね」と、A級戦犯として東京裁判の軍事法廷に引き出される直前に服毒による自死を図った近衛文麿に対し、報告を受けた昭和天皇はポツリと言った。その遺書(昭和20年12月15日に記した2男宛)の一部には、自らは戦争回避に全力を尽くしたが…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |