芸能

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<事件・ハプニング部門>「高部あいを更生させる“アサ芸”的助言」

20151217h

 クリスマスシーズンの銀座の街頭に…。周囲が騒然となるフェロモンを振りまいたのは、橋本マナミ(31)だ。11月19日、クリスマスツリーの点灯式に登場した橋本の衣装は、胸元がパックリと開いて、バストがあからさまにハミ出しているスパンコールのドレスだった。

「野次馬たちが我先にとスマホで胸元を撮影しようとして、現場はパニックになった。それでも橋本は嫌がるどころか妖艶な笑みを浮かべて、それとなくかがんで胸元を強調していましたよ。隣にいた長嶋一茂は『俺、いないほうがよくない?』と困惑していました」(スポーツ紙カメラマン)

 撮られるほどに谷間を魅せるところが、愛人にしたいタレントNO1の面目躍如といったところであった。

 寸止めどころか見せちゃったのは、写真誌に最中の画像が掲載された現役女子アナ。男女が上になり下になりの生々しいプレイ‥‥。その微乳は「レーズン乳」と呼ばれることになった。

「レーズン乳首とは言いえて妙です。が、微乳は感度良好なだけに、コロコロ転がしてじっくり料理したい。騒動後も番組への出演を続けているだけに、さらなる今後の展開に注意したい」(芸能評論家・織田祐二氏)

 下半期の芸能界では、他にもピンク事件が多発。「枕営業」の動画がネットで流出してしまったのが、グラビアアイドルの高崎聖子(22)だった。隠し撮り動画のやり取りには「10万円渡すね」という男の声に対し、「先月分ってもらえますか?」と尋ねる女性の声も。芸能評論家・佐々木博之氏が案じる。

「ビデオまで撮影していたとなると、いろんなプレイを試していた可能性が高いですね。ひょっとすると、想像以上のプレイも経験済みかもしれません‥‥」

 はたして、今後はどんな展開が待っているのか。

「真意は定かではないにしても、現役グラビアアイドルが10万円とは安すぎる。今後、AV業界からお誘いの声が出ると思いますが、今はAVでも、アジア進出などグローバルに打って出れば、億単位で稼ぐこともできる。しみったれて10万円を回収している場合ではないのかも」(ライター・尾谷幸憲氏)

 枕営業でこっそり稼ぐより、桁違いに荒稼ぎできるはずだ。

 コカイン所持で逮捕されたアイドル・高部あい(27)は、コカインをキメたうえでのセックスにハマっていたことを、周囲に話していたのだとか。彼女にもまた、AV業界が動き始めているというが、

「ドラッグに頼らなくても、AVに出れば別の意味でのキメセクができます。おもちゃを使った痙攣プレイを味わえば、きっと『もうクスリなんていらない。このおもちゃさえあればいいの』となるハズ。AVこそ、彼女を更生できるんです」(タレント・徳光正行氏)

 というわけで、2015年挑発美女大賞レースはゴール前で現役の女子アナ、グラドル、アイドルによる激しい叩き合い。3つ巴をわずかレーズン乳首の差で辛勝したのは、ハメ撮り流出アナだった。オメデトウ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
2
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
3
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
4
中村昌也、稲本潤一&田中美保の結婚式出席拒否の「裏事情」暴露で非難殺到
5
フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由