芸能

有村架純は脇役女優?主演月9ドラマ惨敗に「能年玲奈なら視聴率取れた」の声

20160128arimura

 有村架純と高良健吾がW主演を務める月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の第2話が25日に放送された。

 しかし、注目の平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ、関東地区)と、初回の11.6%から2ポイント減少。早くも1桁台に転落し始めたことに関係者も気を揉んでいるという。

「今作は91年に大ヒットしたドラマ『東京ラブストーリー』の脚本家・坂元裕二を起用。ラブストーリーへの“原点回帰”を謳った、坂元渾身の一作でした。しかし、第1話から『暗い』『観てるとうつになる』『昭和臭が凄い』と視聴者から散々な書き込みが。早々に離脱した人も多かったのでしょう」(テレビ誌記者)

 視聴者の批判は脚本だけではない。主演である有村にまで火の粉が飛び始めている。

「ネット掲示板では『有村はしょせん脇役女優、主演を張るほどの女優じゃない』といった趣旨の意見が散見されます。また『(主演が)能年玲奈なら視聴率とれただろうに‥‥』といったコメントも。いまだ能年を引き合いに出されるほど『あまちゃん』のイメージが離れないのは、本人にとっても悩ましいところでしょう」(エンタメ誌ライター)

 テレビ界では“連ドラは2話目の視聴率が大事”と言われているそうだが、来週以降の巻き返しはあるのか期待したい。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(3)疑惑の「X」の異常な言動
3
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(2)ハーフ美女との関係も続いている?