芸能

有村架純は脇役女優?主演月9ドラマ惨敗に「能年玲奈なら視聴率取れた」の声

20160128arimura

 有村架純と高良健吾がW主演を務める月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の第2話が25日に放送された。

 しかし、注目の平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ、関東地区)と、初回の11.6%から2ポイント減少。早くも1桁台に転落し始めたことに関係者も気を揉んでいるという。

「今作は91年に大ヒットしたドラマ『東京ラブストーリー』の脚本家・坂元裕二を起用。ラブストーリーへの“原点回帰”を謳った、坂元渾身の一作でした。しかし、第1話から『暗い』『観てるとうつになる』『昭和臭が凄い』と視聴者から散々な書き込みが。早々に離脱した人も多かったのでしょう」(テレビ誌記者)

 視聴者の批判は脚本だけではない。主演である有村にまで火の粉が飛び始めている。

「ネット掲示板では『有村はしょせん脇役女優、主演を張るほどの女優じゃない』といった趣旨の意見が散見されます。また『(主演が)能年玲奈なら視聴率とれただろうに‥‥』といったコメントも。いまだ能年を引き合いに出されるほど『あまちゃん』のイメージが離れないのは、本人にとっても悩ましいところでしょう」(エンタメ誌ライター)

 テレビ界では“連ドラは2話目の視聴率が大事”と言われているそうだが、来週以降の巻き返しはあるのか期待したい。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
高畑裕太がトイレまで執拗に追いかけ…“マナカナ”三倉茉奈も襲われる寸前だった!
2
香取慎吾もドン引き!高畑裕太が逮捕前に見せていた異常行動とは?
3
高畑裕太の逮捕で「24時間テレビ」制作陣が最も頭を悩ませたこととは?
4
SMAP解散の最深層 ジャニーズ新女帝「陰謀の冷徹手腕」(2)紅白司会者はジュリー派だけ
5
SMAP解散の最深層 ジャニーズ新女帝「陰謀の冷徹手腕」(1)SMAPの母vs新旧女帝