芸能

清原和博 “薬物無間地獄”状態の最深部を暴く(2)毎回違うホテルを使用し…

20160225b

 清原容疑者は、この卸し屋ルート以外にも隣接する群馬県南部の市に複数の入手ルートを持っていたという。

「卸し屋のバアさんが直接やらなくなって、売人を介しての取り引きになったけど、最近はそのバアさんルートのモノが悪くなったから、売人が別の市にルートを替えたって話もある。いずれにせよ清原は、素人が出入りするはずもない卸し屋にまで足を運んでたんだから大した悪党だわな」(前出・ヤクザ親分)

 清原容疑者がこの北関東ルートとは別に使っていた入手先の一つが冒頭で紹介した都内のホテル宅配ルートだった。元売人が打ち明ける。

「最初に清原に売ったきっかけは、携帯の売買サイト。掲示板に〈上質アイス都内手渡し〉と告知を打ったところ、清原から連絡があったんだ。マトリのおとり捜査の可能性もあるから、うちでは代理人ではなく必ず電話してきた本人に直接受け渡しするのを条件にしている。清原は『これから大丈夫でしょうか?』なんて丁寧な話し方で、渡す時の応対も低姿勢だったよ」

 シャブの注文は半年の間に6回にも上り、清原容疑者は毎回違うホテルを指定してきたという。

「やっぱり、同じホテルを使って足がつくことを恐れたんだろう。多い時には10グラムなど大量に購入することもあった。何度も運んでいると『また来たかー』と、だんだん打ち解けるようになったんだ。ヤクザのことを心から崇拝している様子で、『やっぱり東京のヤクザは格好いいですね』とベタボメされたことまである」(前出・元売人)

 しまいには前述したように、目の前でキメたことまであった。清原容疑者はスタンドに特大アーチを打ち込んだ時のような満面の笑みを浮かべていたという。

「シャブは現役時代からやっていたようで、使い慣れていた。他に、ヤサイ(大麻の隠語)、チャーリー(コカインの隠語)も欲しがったので別の業者を紹介した。目の前にオンナがいたことはないが、清原はいつも部屋を2つ使っていた。その後、隣の部屋でオンナとキメセクをしていたんだろう」(前出・元売人)

 今回の逮捕後、清原容疑者の巨人の元同僚で06年にやはり覚醒剤取締法違反で逮捕された野村貴仁氏がマスコミの前に登場し、「現役時代に清原にシャブを渡していた」と清原容疑者のシャブ歴を暴露したことで波紋を広げている。

 そして、野村氏の逮捕前後の時期に、まだ現役だった清原容疑者がシャブを乱用していたという実態の一端をキャッチした。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「断られ続けて今月もお見合いゼロ!」婚活失敗の原因はココロの余裕の無さが生む“負のスパイラル”?

    Sponsored
    61944

    お見合い、合コン、友達の紹介など、これまでにも“出会い”はたくさんあったけど、なかなか結婚にまでは至らなかった‥‥そんな人は意外に多い。また「仕事尽くめで恋愛なんてしている暇がなかった」とか、長く付き合った彼女がいたものの、「価値観の相違か…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    洗っても気になるフケ…原因は頭皮の菌!? 対策には頭皮ケアが重要!

    Sponsored
    64427

    バーボン片手に、一人タバコをくゆらすダンディズム‥‥アサ芸世代が憧れた“オヤジ臭さ”といえば、そんなハードボイルドな後ろ姿だったかもしれない。それがいまや、孤独な男の背中からは「加齢臭」が漂い、肩には「フケ」が落ちてくる始末。こんな肩と背中…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    仕事終わりにとりあえずビール! 毎日飲み過ぎのあなたに

    Sponsored
    49459

    外回りの営業マンにとっては汗ダクダクの夏、こんな季節は仕事帰りのビールが最高ですよね。とはいえ飲み過ぎには要注意。翌日の重~い二日酔いで「仕事にならない‥‥」なんて経験、あなたにもあるのでは? そこで「二日酔いがひどい時の対応策」について、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原愛「“不肖の父”急逝でわかった“絶縁”までの親子修羅」
2
市川海老蔵が歌舞伎仲間にも明かさない小林麻央の「深刻病床」
3
服をずり下げられ“汚い胸”が丸見えに?田中みな実を襲った恐怖のロケ現場
4
「こち亀」終了を完全無視!香取慎吾がフィナーレに顔を出さなかった理由とは?
5
坂口杏里ネタでテレビ出演、何でもベラベラの重盛さと美に「同じ穴のムジナ」の烙印