芸能

芸能“危ない”スクープ!春の放出座談会(4)売れっ子・有村架純のウイークポイント

20160324c

A(芸能レポーター) 有村架純(23)に悩みがあったって知ってる? NHK朝ドラ「あまちゃん」で注目され、その後もドラマに連続出演。昨年は映画「ビリギャル」の大ヒットの実績で、ついに今年1月には月9ドラマ、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」にも抜擢され、CMオファーも殺到です。肌荒れという悩みもCMキャラクターになった「SK-II」で解消しました。ところが、唯一の解消できない悩みが、顔のサイズだといいます。写真撮影の際には、事務所も輪郭を出さない角度を要求したりとナーバスですからね。

D(女性レポーター) なのに、本人は不用意に撮った共演者とのツーショットをブログに載せちゃうのよね。だんだんファンにも、かわい子ちゃんのウイークポイントがバレてきたわ。

C(ベテラン芸能記者) 私は有村と「あまちゃん」で共演した、主役の能年玲奈(22)に注目してます。所属事務所に無断で個人事務所を立ち上げたことから仕事を干されるなどトラブルとなった。すでに決まっていたドラマや映画は広瀬すず(17)にかっさらわれ、最後まで残っていた「かんぽ生命」のCMまで高畑充希(24)と交代となりましたからね。もはや自分のブログを更新するだけが唯一の活動という飼い殺し状態に見えます。それでも今年6月には事務所との契約が切れるため、じっと我慢しているようです。

B(ワイドショー芸能デスク) いや、実際には事務所は能年との話し合いによって呼び戻すことに必死だと言われているよ。でも、彼女を陰で操っているとされる、個人事務所のスタイリストの存在がネックになっている。いまだに解けない“洗脳”が続いているうちは所属事務所もお手上げのようです。

D 同様に中山美穂(46)も注目です。以前から所属事務所は辻仁成(56)との離婚を画策し、働くシングルマザーとして再度売り出そうとしていた。ところが、実際に離婚してみたら、子供の親権は旦那に取られるわ、怪しい男に走るわで、「もう手に負えない」と嘆いている。やはりこれまでと同様、どんなムチャをしても事務所が守ってくれるという甘えがあるんでしょう。

E(芸能プロ幹部) 離婚もあれば、晴れて結婚したカップルもいた。北川景子(29)が4月29日に披露宴を行いますが、その場が新郎・DAIGO(37)の政界進出へのお披露目会になると言われているんです。実は、芸能界でのDAIGOの後ろ盾となっている大物が政界への太いパイプを欲しがっているんですが、祖父が竹下登元総理の彼に目をつけた。政界進出を勧め、なんとDAIGOも、まんざらでもないといいます。式当日はかなりの数の政界関係者が来場するでしょうから、アピール度も高いですからね。

B W選挙の足音が近いだけに「M・A」──マジでアリ、かも!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
2
元SMAP・森且行が「パチンコ化」で「大損覚悟で打ちに行く」ファン熱狂!
3
スポンサーに怒られる!?本田翼が人気紀行番組でまさかの“失言”
4
ローラ、ネット民が「バストの先の“茶色い部分”が見えた」と大騒ぎ!
5
「陰口をいう人」ASKAが以前の仲間を痛烈批判、相手はやはりあの人!?