芸能

野性爆弾・くっきー“上半期ブレイク芸人1位”にネット上では賛否両論!?

 お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが「ORICON NEWS」の発表する「2018年 上半期ブレイク芸人ランキング」で1位に選出されている。

 ひょっこりはんやみやぞん、そしてガンバレルーヤといった“今年の顔”を退け、みごと首位に立ったくっきーは、1994年に吉本興業からデビューした「花の13期生」であり、同期にはチュートリアルやブラックマヨネーズ、次長課長といった人気株がズラリと並ぶ。くっきーのブレイクが、同期の中堅芸人に比べ大幅に遅れてしまったのは、ひとえに彼の繰り出すネタが“あまりにも奇怪かつ理解しがたい”との評判によるものだということは明白だ。

「個性派という枠をブチ破るようなくっきーのネタはデビュー当時からあまり変わっていませんが、やはりお茶の間に彼の“シュール芸”が完全に理解されるにはかなりの時間を要しました。ネット上には現在もなお、『どこが面白いのかサッパリわからん』『好きじゃない』『おもしろいと思う前に気持ち悪いと感じてしまった』といった声が並ぶほどで、常に賛否両論と共に生きる芸人。ただし、彼の独特な世界観が詰まった展覧会が催されると連日にわたる大盛況となるなど、熱狂的に支持する層があるのも事実です。今回も10代から40代による投票で1位に輝いており、ようやく“くっきーの時代”が押し寄せているようですね」(テレビ誌ライター)

 顔面を白塗りし、タレントの柴田理恵や先輩のダウンタウン浜田雅功といった大御所の顔マネを敢行することでも知られるくっきーのインスタグラムには、今や82万人のフォロワーがひしめき合っている。“好き嫌いが分かれる”スタイルを取ってきた彼だが、今後も斬新な攻めの姿勢を貫いて頂きたいところだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代