芸能

「正解するな」指示を目撃!?田中卓志、ヘキサゴン「バカキャラ捏造現場」を暴露

 視聴者としては長年の疑問がようやく確信に変わった形か?

 アンガールズの田中卓志が、8月29日に放送されたバラエティ番組「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)に出演。2005年から11年に同局で放送され、レギュラー出演していた人気クイズバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」における番組の裏側を告白している。

 番組では出演していたANZEN漫才のみやぞんのおバカキャラは作られたおバカで、おバカを演じているという疑惑について検証。

7年前にトーク番組に出演していたみやぞんの過去VTRを紹介し、現在の特徴あるしゃべりかたとは違い、かつてはハキハキとしたしゃべりかたであったことを暴いている。

 その過去VTRを見た田中は「これは完全にアウトでしょ!」と言ってのけ、続けて「よくいたんですよ、『ヘキサゴン』とかやってたころ、なんか急におバカキャラみたいなのが入ってきて、マネージャーに『正解するな』って言われてるタレントを何人も見たことがある」と、「ヘキサゴン」でマネージャーの指示でおバカを演じていたタレントがいたことを暴露している。

 田中のこの暴露にはスタジオからも驚きの声が上がっており、視聴者もみやぞんのことはそっちのけで「バカを演じてたのは上地あたりだろ」「つるのも怪しいだろ」「ずっと怪しいと思ってたんだよ」など、「ヘキサゴン」の裏側が大反響となっている。

「『ヘキサゴン』ではクイズのルールを無視した明らかに行き過ぎた回答も頻繁に飛び交っていたこともあり、オモシロ回答に爆笑する視聴者もいる一方で、絶対におバカを演じているタレントがいると疑問の目を向けていた視聴者も多かったのが実際のところでした。今回、田中が誰のことを言っているのか断定は難しいですが、複数人いたということですから、疑いの目で見ていた視聴者からすれば『やっぱりな』といった感じでしょう。また、過去には、某スポーツ紙では上地雄輔が『おバカキャラをやめさせてくれないなら、芸能界をやめる!』と話していたと報じていたこともありましたね。つるの剛士に関しても将棋が強いこともあって、本当におバカなの? と、怪しまれていましたね」(エンタメ誌ライター)

 番組出演当時はおバカキャラを演じ、現在再ブレイクを狙っているというタレントがいるならば、ぜひともおバカキャラ捏造を告白してほしいものだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化