芸能

石橋貴明、たいむとんねる打ち切り間近で「細かすぎモノマネ」レギュラー化!?

 11月26日に放送されたバラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に、歌手の倖田來未がゲスト出演した。同番組にて倖田が、とんねるずの楽曲について語る一幕があったという。

「今回、番組は“様々な歌手が意外なカバー曲を発表していた”というテーマで進行しました。その中で倖田は『迷惑でしょうが…』と前置きしつつ、次のアルバムでとんねるずの曲をカバーしたいと告白。そして『誰が行くって言ったらあたしやろ。みたいなね』と本気のアピールをし、94年に発売されたシングル『ガニ』を絶賛。これには石橋も驚きの表情を見せ『ちょっと(作曲した)後藤次利に話しときます』とコメントしました」(テレビ誌記者)

 このやり取りにSNSでは「倖田來未のとんねるずカバーめっちゃ聞きたい!」など、期待の声が多く飛び交っている。とはいえ、同番組は毎回、マニアックな題材を扱うため、一部の視聴者には強い支持を受けているものの、業界ではある理由で打ち切りが囁かれているという。

「11月27日発売の『女性自身』がフジテレビ関係者を取材したところ、『たいむとんねる』は来春にも打ち切りの対象に入っているとのこと。同番組は開始以降、低視聴率を連発していることが原因のようです。今回の報道に、とんねるずファンからは『だったら「細かすぎモノマネ」をレギュラー化してほしい』との声も上がっています。モノマネは先日の特番で、フジのバラエティとしては珍しく2ケタ視聴率を記録し、視聴者からも好評でしたから、その可能性は十分あるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 最近は、「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」や「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」など、特番で少しでも手応えがあれば、すぐにレギュラー化しているフジテレビ。「細かすぎて伝わらないモノマネ」も、その流れとなるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」