芸能

「NHK女子アナ黄金時代」を支える色香白書(4)サービスカット満載な赤木野々花

 20代の中では随一のフェロモン女子アナとして注目を集めているのが、13年入社の赤木野々花アナ(28)だ。進行アシスタントを務める「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」の中で何度も無防備な艶ショットを披露して、世の中の男性を喜ばせている。

「彼女はとにかくスタイルがいい。アイドル系のかわいいルックスに、肉づきのいいグラマーボディが特徴です。『おなまえっ!』ではノースリーブ衣装が多く、ワキどころか下着まで見えることが少なくないんです」(テレビウオッチャー)

 民放でもまれな「ブラ魅せ率」No.1の女子アナとあっては、今後も目が離せそうもない。

 若手に負けじと再評価の機運が高まっているベテランもいる。局次長クラスの「エグゼクティブアナウンサー」に出世した森田美由紀アナ(59)その人である。

「かつては『ニュースの森田』と呼ばれていただけに、アナウンス技術は定評がある。話題の番組『チコちゃんに叱られる!』でナレーションを担当し、再ブレイクしたのも納得といったところでしょうか。彼女のナレーションは滑舌やセリフのトーン、間などがちょっと他の女子アナとは別格のうまさ。私もそうですが、チコちゃんじゃなくて、森田アナに叱られたいお父さんも多いのでは(笑)」(丸山氏)

 50代後半にさしかかり、ますますグラマラスな体型になった森田アナ。母性からにじみ出るエロスは、熟女好きにはたまらないものがあるようだ。

 20代から50代まで、粒ぞろいのNHK女子アナ。その層の厚さゆえに、かつてのエース・青山祐子アナ(46)は産休を理由に7年間も休業しているというから驚くばかり。切れ長の目で涼し気なルックスとEカップのダイナマイトボディが人気だったが、今も往時のスタイルを維持しているとか。NHK関係者によれば、

「12年の第1子以降、立て続けに4人を出産して、産休と育休を交互に使って休み続けたまま、いまだに復帰していません。第4子の出産が17年2月のことなので、そろそろ復帰に向けた話し合いがもたれるというウワサもありますが、正直言って局内の職員の評判は最悪。確かに産休は職員の権利ですが、7年間もそれを続けるのは‥‥ねえ」

 休職中には、医療法人幹部の夫のスキャンダルも発覚。クビ切りや家族での香港移住なども報じられており、今後、女子アナとして復活するか否かは不透明なまま。かつてのエースアナも、今となっては女子アナ帝国の中では居場所がなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白