女子アナ

元NHK青山祐子、開いた口が塞がらない“セレブ自慢”と“合コン三昧”暴露

 元NHKアナウンサーの青山祐子が、7月7日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。海の見える眺望抜群のタワーマンションの自宅を披露した。

 青山は現在、香港に在住しているといい、リモートでの登場となったが、9年ぶりの地上波テレビ出演ということで大きな注目が集まった。しかし、香港での“セレブ生活”が明らかになると、視聴者から批判が殺到。ネット上では「まさに厚顔無恥とはこのこと。嬉々として自慢する姿に言葉もないわ」「え、最近住み始めたんじゃなくて7年も香港にいるんだ。最初からNHKに復帰するつもりなんてなかったんだろう」「この人、散々、産休育休フル活用して、NHKを退職したんだよね。何だかなぁ」「NHK辞めたと思ったら今度はタレント気取りでテレビ出演か」などといった声が噴出し、大荒れ状態になっている。

「青山は2012年3月に第1子男児、13年6月に第2子女児、15年7月に第3子男児、17年2月に第4子女児を出産しています。その間、出産にあたり、NHKの育児休業制度を利用して約7年間休職。そのまま復職する事なく19年3月15日に退局しています。育児休業はあくまでも復職前提の制度ですから、青山の場合、結果的にただ給与を受け取っていただけということになりますね。夫の仕事の都合とはいえ、香港のタワマンでお手伝いさんを雇いながらのセレブ生活。マジメにNHKの受信料を払っている国民からすれば、『いい加減にしろ!』といいたくなるのも当然ですよ」(芸能記者)

 また、さらに視聴者の怒りを買ったのは、ゲストの元NHKアナの神田愛花が暴露した青山の“合コン”三昧の生活で、独身時代は時間を見つけてはセレブが集まるコンパに精を出していたとか。青山がNHKのエースアナだったことは間違いないが、都合よく育児休業制度を利用し、退局後は非難の声もどこ吹く風で“セレブ自慢”、というふうに見えてしまい、もはや開いた口が塞がらない。苦々しい思いで番組を視聴した人も多かったのではないか。

(ケン高田)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬