女子アナ

有働由美子、「外国人カメラマンの前で“マッパ”の過去」激白の衝撃!

 2月9日発売の「文藝春秋」3月号で対談を行ったフリーアナの有働由美子とカメラマンの篠山紀信氏。2人は、世間の視線が厳しくなっている現在の写真表現について言及。その中で、有働が驚きの過去を激白したのだ。

「篠山から、一糸まとわぬ姿になることはないのかと問われた有働は、07年から10年までニューヨーク勤務だった時に、イスラエル系のおじいちゃんのカメラマンと仲良くなってアトリエによく遊びに行っていたというエピソードを披露したんです。ある時、有働が写真を撮ってもらうことになって、ドレスで撮ってもおもしろくないから脱げと言われたのだとか。渋っていたら『誰も見てないし、お前にあげるためだけの写真なんだから』と諭されて、脱いだんだそうですよ。ところが、撮影する時になって『その場でジャンプしてごらん』と言われて、そこで渋ったら、『もういいや』と言われてしまったのだとか。本人は『なんか脱ぎ損みたいな感じでした』と語っていました」(芸能ライター)

 07年から10年といえば有働が38歳から41歳になる、脂の乗った“イイ女”真っ盛りの頃。アラフォー時代の美ボディが拝めないのは何とも惜しい限りだが、ぜひともアラフィフとなった現在の姿を披露してほしいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」