芸能

これからが正念場!元HKT48・兒玉遥、かつての体型を取り戻しファン安堵

 本当に頑張らないといけないのはこれから?

 元HKT48の兒玉遥が8月2日に自身のツイッターを更新。涙ぐましい努力により衝撃のビフォーアフターを遂げたことを報告している。兒玉は〈痩せたな~。過去を笑える日が来てよかった!! 今も週3くらいで、弱音吐きまくりながら筋トレしてます〉とコメントして、現在の水着写真と、ピークで太っていたHKT時代の写真を並べて公開している。

 週3で筋トレを取り組んでいるということもあって、みごとにダイエットに成功しており、現在の水着写真は見るからにスリムボディといった感じだ。

「HKT48在籍当時は1期生メンバーであり、指原莉乃、宮脇咲良に次ぐ人気メンバーだった兒玉。残念なターニングポイントとなったのが16年の『NHK紅白歌合戦』ですね。AKB48は『夢の紅白選抜』と題して、紅白の舞台でメインで歌唱する16人を視聴者投票で決める企画を行い、生放送中に16位から生発表していますが、そこで兒玉は最後まで名前を呼ばれることはありませんでした。兒玉は同年6月に行われたAKB48グループ選抜総選挙で9位に入っていたこともあり、ラスト2位までに名前が呼ばれなかった時には自身の1位を確信して、喜ぶ姿がカメラに映し出されていましたが、結局は呼ばれなかったため、その後号泣している様子がお茶の間に流れてしまいました。以降の兒玉は活動を一時的に休止、ようやく復帰してもそのストレスを引きずり、明らかに激太りしたと話題になりましたね」(アイドル誌ライター)

 兒玉は今回の投稿に続けての投稿では〈今の自分も昔の自分も全部自分。自分を受け入れることって時間がかかるし難しいけど前に進むためにめっちゃ必要〉とコメント。グループを卒業して女優として再スタートを切った今過去の自分とはしっかり決別できたようだ。

 全盛期のビジュアルを取り戻した兒玉にファンからも「はるっぴ、ダイエット頑張ったんだね」「女優はるっぴの活躍を期待しています」「すっかり大人になったね」など、安堵の声が上がっている。

「ただ、体型がもとに戻ったところで仕事がバンバン入ってくるほど、女優業は甘くはありません。また、兒玉の場合はHKT卒業も突然のことで、ファンにしっかりとした報告があったわけでもありませんから、お世辞にもきれいな卒業の仕方ではありませんでした。それに指原はタレントとして安定した活躍を見せ、宮脇も日韓合同グローバルガールズグループ・IZ*ONEのメンバーとして変わらぬ輝きを放っていますから、2人に遅れをとっていることは間違いありません。そのため、ここからが本当の正念場ともいえるでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 とりあえずは太りやすい体質であることは間違いないだけに、まずは体型維持を頑張っていくべきだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」