女子アナ

竹内由恵・久慈暁子・本田朋子…不貞騒動で注目「なぜバスケ選手は女子アナにモテるのか?」

 ニュースサイト「Smart FLASH」で、バスケットボール日本代表の岡田侑大と長野放送の尾島早都樹アナの不貞疑惑が報じられたのは、7月12日。

 岡田は「信州ブレイブウォリアーズ」に所属し、昨年11月にW杯2023アジア地区予選の日本代表にも選ばれた注目株で、昨年に第一子をもうけたばかりの既婚者で24歳。一方、27歳になる尾島アナは富山県出身で、18年に地元のチューリップテレビに入社し、昨年4月に長野放送に移籍。小柄でキュートな顔立ちから、アイドル的な存在として人気を誇っていたという。

「記事によれば、2人は長野駅から新幹線に乗り大阪へ。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)近くのホテルに一泊し、翌日はUSJデートを満喫したという。ただ、直撃取材を受けた岡田は『6月の時点で離婚がまとまっているが、向こうの都合で成立していないだけ』、『尾島さんとは単なる友達』として不貞を否定。ホテルの部屋は一緒だったものの、男女の関係についても否定していました」(芸能ライター)

 しかし13日には岡田が自身のSNSで「順序を間違えてしまいました」と不貞関係を認め謝罪。離婚届を提出済みであることも発表し今後は2人がゴールインするのか注目されるが、それにしても昨今は、バスケットボール選手がジワジワと女子アナにモテる傾向が強まっているように見える。

「先ごろは元フジテレビの久慈暁子がNBAラプターズの渡邊雄太と結婚。13年7月には元フジの本田朋子が群馬クレインサンダーズの五十嵐圭と結婚していますね。また元テレ朝の竹内由恵アナは破局したものの、宇都宮ブレックスの田臥勇太と交際。その田臥は竹内の前に同じく元テレ朝の前田有紀との熱愛が発覚していました。かつては女子アナの結婚相手のスポーツ選手といえばプロ野球選手が定番でしたが、それも多様化が進み、バスケット選手も選択肢の一つになりつつあるようです。理由は長身のスタイルの良さはもちろんのこと、チームワーク重視の繊細な競技のため、プライベートでもよく気が付きマメなタイプが多いのだとか。何よりプロ化によって収入も安定し、あわよくばNBAでの活躍という夢もありますからね」(芸能ライター)

 不貞はイカンが、今後もバスケット選手のモテ度は高まりそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白