芸能

見どころは大竹しのぶだけ…NHK版「犬神家の一族」に原作ファンから大ブーイング続々

 何度も実写化された人気作であり、原作の熱心なファンが多いことから、放送前から関心が高かったドラマ「犬神家の一族」(NHK BSプレミアム)。4月22日には前編が放送され、29日には後編が登場する。監督、演出は「鎌倉殿の13人」(NHK)の吉田照幸で、脚本は実写版「岸辺露伴は動かない」(NHK)の小林靖子と実力派がそろったが、前編の評価は決して高くはなかった。特に原作ファンの反発は大きなものだ。

 やり玉に挙げられたのは、ヒロインの野々宮珠世のキャスティングだ。テレビ誌記者は、

「演じたのは『岸辺露伴は動かない』や『どうする家康』に出演した古川琴音。演技力が高く、評価されている女優です。ただ、野々宮珠世のイメージに合っているかというと…。原作では頭脳明晰な絶世の美女なので、そこまでではないだろうとの指摘が相次いでいます」

 76年の映画で珠世を演じたのは島田陽子、06年の映画では松嶋菜々子だった。特に島田の珠世は高く評価され、覚えている人は多いことだろう。

 さらに吉岡秀隆の金田一耕助にも、ツッコミが入った。年を取りすぎている、というのである。

 犬神家の時、金田一は原作では数え年で37だが、吉岡の金田一は髪が真っ白で、とてもこの年には見えない。「髪は黒にしてほしかった。頭をかきむしるシーンが台なし」「イメージが違いすぎる。こんなにおじいちゃんじゃない」と批判の声が上がっているのだ。

 磯川警部が那須警察署長として登場したことに、納得がいかない人も多い。

「磯川警部は『本陣殺人事件』や『獄門島』『悪魔の手毬唄』に登場した、金田一のよき理解者であり、パートナー。ただ、警部は岡山県警所属で、本来であれば犬神家には登場しません。それを栄転したということにして、無理やり出したんです。これに何か意味があるのか。後編で何もなければ、批判は高まることでしょう。原作では署長の名前は橘で、映画では加藤武が演じ、『よし、わかった』の名セリフが生まれました」(前出・テレビ誌記者)

 ツッコミどころだらけのドラマだが、犬神松子を演じた大竹しのぶの演技だけは絶賛の声が。原作ファンの不満を、大竹の演技が吹き飛ばせるか。後編の評価はそこにかかっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白