社会

【戦慄の報告書】地球温暖化と異常気象でますます勢力を広げる「ワースト激ヤバ外来種」の侵略力

 愛媛県新居浜市の新居浜港とその周辺で7月24日、特定外来生物に指定される「アルゼンチンアリ」が19匹発見され、翌25日にも65匹の働きアリが確認されたことから、夏休みに入った地元では連日、注意喚起が実施されている。

 アルゼンチンアリは、南米を中心に世界各地に生息。毒性はなく、咬まれても人体への影響はないものの、定着すると在来種を食い尽くし、生態系を破壊する。日本では「侵略的外来種ワースト100」に指定される「不快害虫」とされてきた。

 世界の外来侵入種ワースト100は、生物の多様性および人間活動に対する深刻な影響、生物学的侵入の重要な典型事例を基準に選ばれている。ここ数年の地球温暖化進行の影響で、昆虫の全体数が減る中、逆に増殖を続ける「世界の侵略的外来種」ワースト1位に君臨する生物がいる。それがヒアリだというのだ。世界の昆虫に詳しいジャーナリストの話。

「ヒアリは攻撃性が強く、時として人間を襲うこともある危険な外来種で、英語では『ファイヤーアント』と称されます。刺されると焼けつくような痛みを発生する毒を注入、その毒で生きている組織を破壊してしまう、恐ろしいアリです。彼らは数百、数千匹の働きアリによって、縦横に交差する広大な地下トンネルを形成。集団で鳥や爬虫類などに襲いかかると、その強靭な顎で噛みつき、巣穴に連れていった後、タンパク源をむさぼり食う獰猛ぶりを発揮します」

 とはいえ、生息地の破壊や気候変動など、昆虫自体が全般的に減少していると言われる中で、なぜヒアリだけが増殖を続けられるのか。昆虫に詳しいジャーナリストが続ける。

「ヒアリは高温多湿の環境を好むため、もともと水路周囲に巣を作り、乾燥した気候にも対応してきました。ところが地球温暖化によるハリケーン発生や山火事の激化で、在来種がその土地を追われ、絶滅するなどしたことで、彼らの生活圏が急激に拡大した。その結果、在来種よりも優位に立ってしまったのです。洪水にも対応できる恐るべき適応力と生命力、さらにはどんな生物にでも襲いかかる貪欲な侵略性を兼ね備えるため、弱点がない。つまり気候変動が逆に、彼らに大いに味方したというわけです」

 アメリカでは毎年400万人近くが、ヒアリに刺されて入院しているという。その約半数はなんらかのアレルギー反応を示し、1%前後が重篤な全身症状を発症すると言われる。

 気象変動で能力を進化させ、各地で在来種の生息地を征服しながら、拡大を続けるヒアリ。残念なことに今、この侵略を阻むものは何もないようである。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道