スポーツ

スケート「引退カウントダウン」本田真凛が選ぶのは「芸能界入り」か「宇野昌磨との結婚」か

 フィギュアスケートで2016年に世界ジュニア女王に輝いた本田真凜が、引退へのカウントダウンに入った。

 本田は9年連続の「全日本選手権」出場を目指し、9月24日の「東京選手権」でショートとフリー合計125.53点で12位に滑り込んだ。フリー曲には新しく「リトル・マーメイド」を選び、アリエルになりきってファンを魅了。11月に青森・八戸市で開催される東日本選手権へと駒を進め、「全日本選手権」に望みをつないだ。スポーツライターが言う。

「本田は大学4年を迎え、引退の年。今年の『全日本選手権』を集大成と位置づけているようです。周囲には辞めるタイミングを相談していました。華やかな芸能の仕事も増え、厳しい世界で戦うモチベーションはなくなってきています。天才肌でジュニアでトップに立った真凜ですが、シニアでは思った成績を残せませんでした。2021年度には日本スケート連盟の強化選手を外れ、そのあたりから限界が見え始めました。引き際を意識した発言が多くなり、今は吹っ切れて楽しむことに力点を置いているようです」

 競技はうまくいっていないが、熱愛を公言しているフィギュアスケート・宇野昌磨との交際は順調だ。2022年1月にスポーツ紙で関係が明らかになり、その年の9月には『週刊文春』でデート姿をキャッチされると、公式サイトで交際宣言した。その後は、痛いノロけを連発。YouTubeチャンネルで共演したり、プライベートなツーショットを公開したりと、オープン交際で世間を賑わせている。

「芸能界入りがウワサされている真凜ですが、あまりのラブラブぶりに、結婚するのではないかと言われています。アスリート経験を生かして宇野を支える側に回ることも考えられますね」(前出・スポーツライター)

 いったいどんな進路を選ぶのか。引退間近の真凜から目が離せない。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道