スポーツ

新種牡馬スワーヴリチャード「種付け200万円」が爆騰するハーツクライ後継の証

 2歳戦線で、スワーヴリチャード産駒の快進撃が止まらない。11月4日・東京の京王杯2歳ステークス(GⅡ)で紅一点のコラソンビートがレコード勝ち。その翌日、東京1R・ダート1600㍍未勝利でデビッドテソーロが5馬身差で初勝利。さらに、9R・百日草特別(1勝クラス)ではアーバンシックが大外一気を決めてみせた。

 これで17頭の馬が勝ち上がり、通算勝利数は21勝となった。現在、ファーストリーディングサイアーを独走中。今の勢いならば、産駒デビュー初年度にして2歳リーディングサイアーになることも十分可能だ。

 こうなることを予想できた競馬関係者は、ほとんどいなかっただろう。なにしろ種付け料と産駒登録数がレイデオロ700万円で128頭、ブリックスアンドモルタル600万円で107頭に対し、スワーヴリチャードは200万円で82頭なのだ。

 当然のことながら、繁殖牝馬の質もレイデオロやブリックスアンドモルタルよりも劣っていた。ただし、生まれてきた産駒の評判は悪いものではなかった。例えば社台スタリオンステーションの徳竹英介場長は、某POG本の中でこう語っている。

「スワーヴリチャードはこれまでで一番、ハーツクライ寄りかなと思っています。産駒は調教を進めていっても体形が崩れない。生まれてからそのままずっといい形で成長してくれる」

 その言葉どおり、産駒はデビューするや次々と勝ちまくり、いまやハーツクライの後継種牡馬の最有力と見られているほどだ。

 何よりいいのは早目に使えて、早目に勝ち上がること。そのため次の目標を立てやすい。そして競馬場を問わず、コンスタントに勝ち鞍を挙げている。さらに芝だけでなく、ダートでも走る馬を出す。というわけで、スワーヴリチャードの人気は高まる一方だ。

「来年の種付け料は大幅にアップし、繁殖牝馬も質量ともにかなりのものになるだろう。セリで1億円を超す値段の馬も出てくるはずだ。今後ともスワーヴリチャード産駒から目が離せない」(競馬関係者)

 ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ドゥラメンテ亡き後の種牡馬戦線では、イクイノックスを出したキタサンブラックが一歩リードしている感じだが、それを追って次世代のエース級サイアーになるのは間違いないだろう。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白