社会

高倉健の“パワー”の元はコーヒーだった!? 驚くべきコーヒーの威力!

20141129takakura

 性別、年代を超えて、その凛とした姿は憧れの存在だった高倉健さん(享年83)。無類のコーヒー好きでも知られていたが、そのコーヒーが健さんの活力の元だったという説がある。

 カウンターで1人物静かにコーヒーを飲む。そんなシーンが絵になる男性はこの人しかいないのでは、と万人に思わせた高倉健。コーヒーにまつわるエピソードは数知れない。

「薄いコーヒーにミルクをたっぷり入れて飲んだ」

「本当にコーヒーが好きで1日50杯も飲んだ」

 コーヒーのカフェインについては、中毒や依存による健康被害の危険性も指摘されている。しかし江戸後期、長崎出島にやってきたオランダ人医師シーボルトは、著書「薬品応手録」にコーヒーの飲用を奨め、コーヒーは長寿をもたらす良薬と記していた。またハーバード大学の調査では、「1日に4杯以上のコーヒーを飲む人はうつになる確率が20%少ない」と発表している。

 純正堂漢方薬局の渡邉正司薬剤師は言う。

「コーヒーに含まれているクロロゲン酸が、老化防止に効果を発揮する」

 コーヒーに含まれるカフェインは、末梢血管を広げ血液の循環をよくし、血圧を正常化するため動脈硬化の予防にもなる。また、カフェインは体内の脂肪を燃焼させ、エネルギーに変える働きもするので運動能力もアップするという。

「イスラム教では強精薬的にも利用されたほどの催淫効果もあるとされる」(渡邉氏)

 いろいろな意味で、コーヒーが健さんのパワーを支えていたのかも。

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
2
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
3
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
4
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
5
カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐