スポーツ

広島・黒田も狙われている?一部のカープ女子が暴走中

20150312g

 もはや一種の社会現象、流行語と化している「カープ女子」。だが、広島のみならず、プロ野球界に活気と人気をもたらす彼女たちに今、下心な「異変」が起きているという。

 宮崎・日南から移った広島の第二次キャンプの地・沖縄では、「男気復帰」の黒田博樹(40)が合流したこともあり、押し寄せるカープ女子の熱狂ぶりは大変なものだった。ところが、

「この何年か、どさくさに紛れて選手の下半身にタッチするカープ女子が増えていますが、それがさらに加速傾向にあるんです。沖縄キャンプ中も、そんなハプニングが起きていました」

 こう話すのは、チーム関係者である。

「球場のある沖縄市総合運動公園は、選手とファンが接触できる範囲が広い。練習グラウンドから、走るための陸上競技場に何百メートルか歩いて移動する選手もいるし、ウエートトレーニング場もまた離れている。その移動の間、サインをもらったり話しかけたりするなど、ファンは触り放題。そこで、下半身にタッチするカープ女子がいたのです」

 カープ女子が変身しているのだ。

 そのキャンプは終了し、今週からはオープン戦に突入する。そこで狙われるのが大スター・黒田だという。

「オープン戦では球場を出てバスに乗るまでの何メートルかしか選手との接触機会がありませんが、ベテラン勢はオープン戦前半は帯同せず、キャンプ地に残ったり、広島の室内練習場などで独自調整をする場合が多い。ましてや黒田はキャンプ後半から合流したわけですから、いきなりの実戦登板はないでしょう。となれば、まだまだカープ女子が接触できることになる。観客はいなくなり、ガードマンや報道陣も少なくなって、それこそカープ女子にとってはチャンス。コアなファンは、わざとその時を狙って接触を図ります」

 黒田の男気あふれる下半身がもみくちゃにされるかもしれないのだ。実はカープ女子は横のつながりが強く情報交換を行っている。

「同じホテルに泊まり、目当ての選手の部屋を割り出してノック。あるいは選手が食事している店を探し、入店して話しかけたり、店の前で張り込んで『出待ち』したり‥‥」(カープ女子)

 暴走気味のカープ女子も出現しているようで、

「選手や報道陣の間でも有名な女性がいます。とりわけ選手たちが警戒しているのは、シーズン中の移動の新幹線の中。さすがにグリーン車内には入ってきませんが、選手がトイレに立つ時を狙ってデッキで待ち、隙を見て下半身に触れる。選手だけでなく、緒方孝市監督(46)もこの女性のターゲットの一人です」(スポーツ紙デスク)

 唯一の救い(?)は、広島ならではの「伝統」の存在。スポーツ紙デスクが続ける。

「すれ違いざまにバットのグリップエンドで相手の下半身をグリッとやるなど、昔から選手同士での下半身タッチが行われていることです。だからある意味、免疫があるというか、当たり前の挨拶というか‥‥黒田の若い頃などは特に激しかったと思いますね」

 広島の選手たちはグラウンド外でも、カープ女子の大胆かつ超積極的な「先制攻撃」に対する「守備力」が問われているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」