芸能

ハリウッド進出をなぜ蹴った?柴咲コウがひた隠す「衝撃の理由」とは!?

20150314koh

 放送中のドラマ「〇〇妻」(日本テレビ系)で、初の主演を務めている女優の柴咲コウ。デビュー以来、映画では「バトル・ロワイアル」や「GO」で数々の賞を受賞し、ドラマでは木村拓哉や妻夫木聡など人気俳優と共演、さらに歌手としてもミリオンヒットを飛ばすなど、順調に女優人生を歩んできたかのように見える。だが、ある仕事に関してはいまだ“大きな謎”が残っているという。映画ライターが明かす。

「柴咲は以前、世界的な映画監督であるタランティーノからのオファーを蹴っているんです。柴咲の出世作でもある『バトル・ロワイアル』を観た監督は、彼女の狂気的な演技を絶賛。タランティーノが映画青年時代に恋をし続けた梶芽衣子に似ているということも決め手になったようです。それで、ぜひ新作映画『キル・ビル』で彼女を起用したいとオファーを出したのです」

 当時、柴咲はブレイクし始めていたとはいえ、女優としてはまだまだ新人。さらなるステップアップのためにも、ハリウッド映画進出を断る理由などないはず。にもかかわらず、なぜ彼女は断ったのだろうか?

「柴咲のハリウッド行きがなくなったのは、タランティーノからの“お誘い”を断ったからだという話があるんです。タランティーノは、足ばかりを執拗に撮る映画監督として有名。映画ファンの間でも、監督は無類の足好きに違いないと噂になっていた。それが決定的になったのが2011年。当時、テレビ制作会社で働く女性が『タランティーノが、私の足にむしゃぶりつきながら、自分でシテいた』と暴露したんです。また、来日した際も、関係者が夜のお店へ連れて行った際、タランティーノはずっと女の子の足をイジっていたと聞きました。足への執着の激しい彼なら、“映画に出してあげる”などと言って、柴咲の足を自由にしたいと考えても不思議ではありません。柴咲側は当時、オファーを断った理由を『飛行機が怖いから』と説明していたのですが、10年後に彼女がヒロインを務めたハリウッド映画『47RONIN』では、ロケで海外に長期滞在していますし、怖いなんてことはないはず」(前出・映画ライター)

「キル・ビル」の出演を断ったことで、10年後の「47RONIN」までハリウッドデビューが遅れてしまった柴咲。もっと早く海外デビューしていたら、今頃、世界中で注目されるハリウッド女優になっていたかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ