芸能

本田翼「恋仲」低迷は大誤算!?フジテレビの「大原櫻子押し」が大不発に!

20150731ohara

 初回放送で月9ドラマ史上初の一桁視聴率を記録し、スタートでつまづいたドラマ「恋仲」(フジテレビ系)。視聴率低迷の原因として本田翼の名前があがるなか、わりを喰ってしまったのが、三浦七海役で出演している大原櫻子だ。

 2013年の映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」でヒロイン理子役のオーディションに5000人のなかから選ばれ、劇中バンドのボーカルとして、女優と歌手のダブルデビューを果たした大原。翌年にはソロデビューも果たし、ギター女子の一人として十代女子を中心に人気を博している。

 そんな大原は、フジサンケイグループの秘蔵っ子でもある。デビュー作の「カノジョは──」は製作委員会に名を連ねるフジテレビが大プッシュした映画。ドラマ初レギュラーはやはりフジテレビの「水球ヤンキース」で、ラジオの初パーソナリティも系列のニッポン放送(大原櫻子のオールナイトニッポン0)だった。

 今年はお台場夢大陸の「ドリームメガガールズオーディション」にて応援キャラクターに就任。そして極めつけは、マネージメントをグループ企業の音楽出版社、フジパシフィックが担当している点だ。同社がアーティストのマネージメントを手掛けるのは大原が初のケースであり、まさに“フジサンケイグループ所属”と言わんばかりの扱いなのである。

 それゆえ連ドラ出演が「水球ヤンキース」のみという大原が、いきなり“月9デビュー”できたのは既定路線だったはず。なにしろ番組公式サイトのキャスト欄では、市川由衣や山本美月といった先輩女優らを差し置いて、5番目に名を連ねているのである。

 このように、特定のタレントを大々的に売り出す手法は芸能界において常套手段の一つだ。しかも大原はすでに『ティーンのカリスマ』と呼ばれる人気を得ており、ライブもソールドアウトが続くなど、決してゴリ押し状態ではない。それゆえ月9初挑戦は、順当なステップアップになったはずだ。

 だからこそ、「恋仲」の絶不調は関係者にとっては大誤算だったに違いない。大原は劇中の回想シーンで中学生役にも挑戦し、丸眼鏡に歯列矯正という強烈なビジュアルを公開。それがさほど話題になっていないのだからまさに計算違いで頭を抱えていることだろう。

 こうなったらフジテレビ側としたら、さっさと「恋仲」に見切りをつけ、女優・大原櫻子に箔がつくような作品を探したほうがいいかもしれない。関係者にとって不幸中の幸いだったのは、「恋仲」の主題歌に大原を採用しなかったことくらいではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?