芸能

今こそお願いしたい70~80’sアイドルはあのコだっ!「80年代後半デビューの森高千里が健闘」

20151224bb

 オールドファンのみならず幅広い支持を集め、トップ3に肉薄する4位は森高千里(46)だ。

「森高といえばズバリ美脚、ナマ脚に尽きる。司会を務める音楽番組では欠かさず短いスカート姿、しかも椅子に座って油断すると奥までのぞけそうな大サービス。40歳過ぎた太腿には、アイドル時代には感じなかった妻としての艶っぽさがあります」(香川県・医療・44歳)

 音楽評論家の宝泉薫氏はこう分析する。

「トップ3はいずれも80年代前半デビュー。アイドル全盛期で、数多くのファンを獲得しているだけに上位にランクしたのでしょう。アイドルが下火になった80年代後半にデビューした森高が、ここまで上位に食い込んだのは大健闘です」

 5位には現在、名前を未唯mie(57)と変えた、ピンク・レディーのミーがランクイン。

「どっちかと言えば、ムチムチした魅力のミーちゃん派でした。夢がかなうのなら、次の再結成の時に2人まとめてベッドに押し倒したい。肉感的なミーちゃんの巨乳を揉みしだきながら、情熱的なケイちゃんに攻められてみたい。UFOに乗ったような異次元セックスを一晩中堪能したい」(静岡県・自動車販売・62歳)

 未体験の超絶プレイにS・O・Sを発信してしまいそう。

 6位は角川3人娘の原田知世(48)が登場。前出・宝泉氏は

「アイドル時代のイメージを落としていないビジュアルもおみごとです」

 と、あっぱれを贈る。

「時かけ少女には、映画同様にラベンダーの香りをかいで意識を失わせ、83年当時にタイムスリップしてもらいます。べッドで制服を脱がせたあとは、優しく性技を手ほどき。天国にいちばん近い快感まで導いてあげたい」(奈良県・板金工・55歳)

 7位のWink・相田翔子(45)には、さらにお下品な欲望がムクリ。

「相方のサッチンが、セクシー女優になったのは衝撃だった。でも、正直見たかったのは白くてムチムチした翔子のほう。AVに出るなら最初の1本は自慰ものが見たい。自分の手だけ使った自慰を強要し、人形のような無表情顔が赤く恥じらえば10万本の大ヒット間違いなし」(北海道・家電販売・50歳)

 行く末にはサッチンとの共演も見えてきた!?

 8位・太田裕美(60)、10位・麻丘めぐみ(60)の還暦コンビに挟まれた、柏原芳恵(50)も9位に大健闘した。

「途中からセクシー路線に変更し、下着姿を披露してくれたのはありがたかった。が、写真集ではうっすら乳輪のギリギリのセミヌード止まり。最後まで完脱ぎなしの“脱ぐ脱ぐサギ”は、お仕置きしないといけません。空港税関係員になり手荷物検査で引っ掛かった芳恵ちゃんを、取調室に連行。股間に電動こけしをグインと突きたて、エッチな身体検査を施したい」

 まさかの都市伝説プレイの再現だ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!