スポーツ

大物レスラーと私のリング外“驚”交遊20年!(1)故・橋本真也との不思議な交遊

20160609r

 美女アナが書いた「プロレス本」がバカ売れしている。著者は20年以上にわたってプロレス専門チャンネルに携わる人気キャスター。リング外でも数々の大物レスラーと交遊を続けてきた彼女が、著作では書ききれなかった「オフレコ秘話」を初激白。“レジェンド”たちの驚く素顔に思わず胸がアツくなる。

「昭和」のプロレスを知る往年のファンの中には、今のプロレスブームについて批判的に見る方もいますが、実は、リング上で行われている試合内容や、技を受ける技術の高さは変わっていないと思います。

──

 そう語るのは、5月7日に発売された「プロレスという生き方」(中公新書ラクレ)の著者であり、プロレス格闘技専門チャンネル「FIGHTING TV サムライ」(以下、サムライTV)のキャスターを務める三田佐代子氏(46)。プロレスの仕事に携わるようになったのは、アナウンサーとして勤務していたテレビ静岡を退社後、古舘伊知郎氏(61)の所属する芸能事務所「古舘プロジェクト」に籍を置いてからだった。

──

 96年にCSデジタル放送「パーフェクTV!」(現在のスカパー!)が始まり、プロレス・格闘技専門チャンネルが誕生したんです。番組スタッフがキャスターを探していたところ、「プロレス実況でも有名な古舘さんの事務所なら、プロレスに詳しくてニュースを読めるフリーアナがいるだろう」と声がかかりました。それまではプロレスに興味がなく、アントニオ猪木とジャイアント馬場が別の団体にいるという基本的なことすら知りませんでした。

──

 それでもオファーから約1カ月後、試験放送という形から担当番組がスタート。初めてゲストに訪れたのは、当時、新日本プロレスでIWGPチャンピオンの故・橋本真也だった。

──

 橋本さんはプロレスの知識が浅い私に、優しく接してくれました。生放送が終わった瞬間には、「終わったの? じゃあ、う○こ」と小学生みたいなことを平然と言う人で、とにかく豪快で繊細。新日本を退団して、01年に新団体の「ZERO-ONE」を立ち上げてから、取材をする機会が増えて親交が深まりました。

──

 03年頃、橋本は団体のフロントとしての仕事が忙しくなり、道場近くのホテルで暮らしていた。時々、三田氏のもとに電話がかかってきたという。

──

「悪いけど、パンツを買ってきてくれんか」

 と唐突に頼まれるんです。カルバンクラインのボクサーパンツの3Lしかはかないそうで、新宿伊勢丹のメンズ館でしか売っていませんでした。10枚購入して渡すと、またしばらくして、「パンツ買ってきて」と、頼まれるんです。彼女でもないのに不思議なお使いが続きましたね。

 そのお礼なのか、服をプレゼントされたことがありました。橋本さんはゴージャスな美人がタイプだったのですが、私は正反対。お互い大阪で仕事があった時に、

「もっとセクシーな格好をしたほうがいいんや」

 と言って、アメリカ村で買った豹柄のキャミソールをくれたんです。これが下着みたいにセクシーで、なかなか着る機会がなくて‥‥、今でもクローゼットに大事にしまっています。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
田中理恵、小さめTシャツで露わにした“ミルクタンク”胸の「ものスゴさ」!
4
痛々しいほど!桐谷美玲、体型の“激ヤバ変化”が「悲鳴モノ」
5
10億円「年末ジャンボ宝くじ」は「NHK紅白の法則」で確率2万倍アップ!