スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(12)春に大谷翔平に打たれた藤浪晋太郎が見せた夏の進化

20160818fujinami

 12年のドラフト1位で阪神に入団した藤浪晋太郎。昨シーズンまでの3年間で35勝を挙げるなど、着実に阪神のエースへの階段を駆け上がっている。その藤浪は12年に大阪桐蔭のエースとして春夏連覇を達成し、甲子園を席巻。全国の野球ファンに衝撃を与えた。

 最大の武器は最速153キロを誇るストレート。春の選抜では1回戦で大谷翔平(現・日本ハム)擁する花巻東(岩手)と対戦。藤浪は大谷に一発を含む計8安打を許しながらも、12奪三振、2失点の完投勝利を収めている。

 最も打たれたのが、決勝戦の光星学院(現・八戸学院光星)戦。12安打を許したが、要所を締め3失点完投で優勝投手に輝いた。この春はリリーフ登板の1試合を除き、残りの4試合で完投。結果、5試合で40回を投げ、被安打39、奪三振41、与四死球11、失点10、自責点7、防御率1.58という成績だった。そしてここから春夏連覇がかかった夏の選手権で藤浪の投球はさらなる進化を遂げることになる。

 この夏、藤浪は全4試合に登板。初戦の木更津総合(千葉)戦では被安打6の2失点。しかも公式戦自己最多タイの14奪三振と上々の出だしであった。準々決勝の天理(奈良)戦では被安打4の13奪三振で1失点完投。準決勝の明徳義塾(高知)戦はなんと被安打2の8奪三振で甲子園初完封劇を達成。さらに決勝戦でも春のリベンジに燃える光星学院を完全に手玉に取る。被安打&与四死球ともわずかに2。夏の決勝戦史上最速となる153キロを記録すると同時に最多タイとなる14奪三振で完封勝利。まさに完勝であった。

 この夏の藤浪は4試合に先発し、36回を投げて被安打はわずか14、49奪三振。与四死球9、失点3、自責点2、防御率0.50と抜群の安定感を誇った。

 また、登板した試合すべてで失点していた春に対し、夏は徐々に調子を上げて勝負どころの最後の2試合を完封。着実に進化したところを数字でも示してみせた。昨シーズンは221奪三振でセ・リーグ最多奪三振のタイトルを獲得した藤浪。今なおその進化を続けている。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合