芸能

高嶋政伸「腕を折る高額報酬の“骨折”バイトがあった」と番組で熱弁!

 11月2日に放送された生情報番組「PON!」(日本テレビ系)に俳優・高嶋政伸が出演。30年前の大学生時代に見つけた「とんでもないアルバイト」について語った。

「当時高嶋さんは、みずから監督した自主映画の編集代が280万円かかり、父親の高嶋忠夫さんに土下座して借金したそうです。ただ、完成したはいいのですが、あまりにもシュールな内容だったため、どの劇場からも上映を断られたそうです」(芸能ライター)

 ちなみに彼が監督した作品タイトルは「IN THE OTHER SIDE」。同番組で、その映画の映像が紹介されていたが、確かにシュール。映し出されたのは、目隠しをされた男性たちがディナーを食べる食卓の上で、ボンテージ衣装の女性が躍り、男を蹴散らすというワンシーン。スタジオがザワついていたが、無理もない。

 ともあれ、学生にとっては大金の280万円。高嶋は借金返済のためにいろいろなアルバイトを探したという。その1つが、腕を折る、いわゆる「骨折バイト」だという。病院が募集していた仕事で、折れるまでの連続写真を撮影したいという意図のもと、求人がかけられていたといい、1本折るごとに40万円、両腕両足4本を折ると160万円の報酬が得られたという。

「さすがにそのバイトには手が出なかったようですが、そもそも骨折バイトなるものが実在するとは信じがたい。最近は主役を食うほどの“怪演”で知られる高嶋だけに、あえて、冗談のつもりで言ったんでしょうかねえ」(前出・芸能ライター)

 司会のビビる大木も「折っても(借金は)返せない……」とビビっていたが、結局280万円をどう返したのか詳細には明かさなかったが、今も昔もシュールな一面を持つ御仁であることはよくわかった。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」