スポーツ

伝説の引き分けの舞台裏!(2)サッカー 福田正博の眼前で起きた「ドーハの悲劇」 「スローモーションのように時が止まった」

 日本サッカー史上、いや、日本のスポーツ界において国民に最大のインパクトを与えた引き分け試合、それが「ドーハの悲劇」だ。日本代表イレブンとして、ピッチに最後まで立っていた「ミスター・レッズ」こと、福田正博氏(44)はあの瞬間をどう迎えたのか。

「実はあの試合、『負けた』と思っている人が凄く多いんですよね」
 いきなりこう切り出した福田氏。そう、結果的にW杯に行けなかったことで敗戦のイメージを持つ人が多いのだが、あの試合はスコア的には2−2の「引き分け」。しかし、日本中が〝お通夜〟となった「引き分け」であったことは間違いない。
 この「ドーハの悲劇」と呼ばれるアメリカW杯最終予選の対イラク戦。福田氏は、それまでの4戦に悲劇の要因があったと語る。
「6チームの総当たりで、第1戦が対サウジアラビア。日本代表はこの試合を引き分けました。でも、メディアの論調や代表内の雰囲気は『勝てなかった』というものだった。ほとんどアウェーの状況の中、強豪のサウジ相手に勝ち点が取れたから、問題ないはずなんです。でも、どうしてもそういう気持ちになれなかった」
 落ち着きを失ったまま臨んだイラン戦、日本は1−2で敗れる。試合後、宿舎に戻った選手たちの表情は暗い。しかし、オフト監督は、にこやかにこう言った。
「ホワイトボードに『3WIN』と書きだして、『キミたちがやるべきことは非常にシンプルだ。3試合全て勝てば可能性はある』。その言葉で、いい意味に開き直ることができました」
 日本代表は3戦目の北朝鮮戦、4戦目の韓国戦を連勝し、最終戦を前にしてついに首位に躍り出る。
「北朝鮮に勝って、いいイメージで韓国戦に臨むことができました。当時の韓国戦は、今以上に特別。僕が代表になった時は、韓国に勝つことはほとんどなかったですから。ただ、日本が今まで一番のコンプレックスを持っていた韓国に勝ったことで、今思えば少し浮ついていたかもしれない。イラクと戦ってすらいないのに、W杯が凄く近くまで来た気がしていました」
 そして日本代表は運命のイラク戦を迎える。福田氏はベンチスタートだった。
「開始早々に先取点が取れたんです。首位で勝てばW杯に行けることが確実、もちろん悪いことじゃない。けど、逆に早すぎた先制点が焦りを生んだ気がする」
 前半5分に先制した日本は前半の残り40分、イラクの猛攻にさらされ、後半10分には同点に追いつかれてしまう。福田氏が交代でピッチに入ったのは、それから4分後のことだった。
「日本は一方的に押し込まれて圧力を受けていた。入った時は選手も消耗して冷静さを失っていた気がします。中山(雅史)が追加点を取ったあとは『早く時間が過ぎてくれ!』という気持ちでいっぱいでした」
 しかし無情にも、試合終了間際の後半44分、イラクのショートコーナーから、あの、まさに悲劇的な同点弾を許してしまった。
「あのヘディングは僕の目の前の選手でした。同点のシーンを見ると、僕が映ってるはずですよ。終了間際で両チーム選手交代もあってマークがあやふやになって、日本の選手はあの瞬間、みんなボールウオッチャーになってしまいました。僕も、ゴールネットに吸い込まれるボールを、まるでスロービデオのように見ていただけでしたね‥‥」
 あの時間帯、あの展開で勝ちきれなかったことを今の福田氏はこう振り返る。
「大舞台のプレッシャーの中で戦う経験がなかったことが一番の要因。それは選手だけじゃなく、メディアも含めた、サッカー界全体に言えたこと。この試合は僕たちにとっては物凄く大きな失敗でした。それでも今のサッカー界に、その失敗から学んだことが何か伝わっていれば、マイナスではないと思います」
 今、まさに隆盛を極めようかという日本サッカー界。その礎は何といってもこの「伝説の引き分け」だったのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線