芸能

女子アナたちの「放送絶対NG」なイキすぎ痴言録(3)意外と短気なTBS・宇垣美里

 ネタならまだしも、シャレにならない本気モードの「暴言現場」を目撃されたのが、TBSの宇垣美里アナ(26)だった。

「先日、『あさチャン!』のディレクターと原稿読みに関して意見の食い違いがあったのか、他のスタッフもいる現場で『あー! やってらんねー!』と人気アナらしからぬ言葉を口にしていたことを複数の人間が目撃しているんです」

 と明かすのはTBS関係者だ。

 宇垣アナといえば、カルチャー誌「クイック・ジャパン」(太田出版)に寄稿したエッセイ「ストレスからの逃避術」が注目を集めた。「どうしようもない理不尽」に見舞われた際、みずからを「架空のキャラクター」だと思い込むことで、

〈たいていのことはどうでもよくなる〉

 こう表現していた宇垣アナをして、なぜ現場でストレスを爆発させてしまったのか。前出・TBS関係者によれば、

「あまり知られていませんが、局内では『宇垣は短気』というのが共通認識。交際していたジャニーズの伊野尾慧(27)との破局がささやかれた去年の夏頃なんて、『ピリピリしているのが一目瞭然で、うかつに話しかけられない』と漏らすスタッフが続出。ネットで話題になった『逃避術』も短気な性格ゆえに編み出したものでしょう」

 同じく「あさチャン!」でメインMCを務める夏目三久(33)にもこんな「場外バトル」が。

「彼女は『夏目親方』と呼ばれるほど熱心な相撲ファン。今年1月に発覚した『春日野部屋暴行事件』を特集する際の打ち合わせでは目に涙をたたえて、『このままでは相撲がダメになる』と怒りに震える一幕も。協会の隠蔽体質が疑われた事件だけあって、彼女も心中穏やかでいられなかったようです」(前出・TBS関係者)

 相撲愛ゆえのガチンコの怒りだったようで‥‥。

 さて、NHKの人気女子アナからも放送できない「痴言」が──。

「今年2月にオリンピックが開催された韓国の平昌で杉浦友紀アナ(34)の口から衝撃発言が飛び出したんですよ」

 と証言するのは平昌五輪の中継スタッフだ。

 NHKの現地キャスターとして平昌入りしていた杉浦アナ。超問題発言は現地の食事会で飛び出したという。この中継スタッフが耳打ちするには、

「4年前にソチ五輪を経験した杉浦アナが、『防寒対策として役に立った』と、意外なアイテムを明かしたんです。それが毛糸のパンツで、『今回もはいているんですよ』とリップサービス。それを聞いたスタッフの一人が悪ノリして『そのパンツ、参考までに見せてくれませんか』なんて言ったものだから‥‥」

 スタッフのパンツ公開要求に、彼女が繰り出した絶妙な切り返しとは──。

「『寒すぎてチビってしまったんで無理です』とのこと。完全に彼女に一本取られました」(前出・中継スタッフ)

 女子アナたちが素の自分をさらけ出したオフレコ話は、ヘタなバラエティより、断然おもしろい!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは