スポーツ

天才テリー伊藤対談「里崎智也」(1)野球をやるならば投手が狙い目です

 千葉ロッテマリーンズの捕手・打者としてチームを牽引。06年のWBCでは代表に選出され、世界一に貢献した“ラッキーボーイ”として大いに注目された里崎智也氏。現役引退後も野球解説者としてその慧眼をフルに発揮、今年のプロ野球順位予想を天才テリーに披露した!

●ゲスト:里崎智也(さとざき・ともや) 1976年、徳島県生まれ。鳴門工業高校、帝京大学を経て、98年、ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。2005年、チームとして31年ぶりの日本一を達成。06年のWBCでは正捕手として活躍、22打数9安打で打率.409、1本塁打、5打点を記録しラッキーボーイとして大会ベストナインにも選出され、名実ともに世界一のキャッチャーとして知名度を上げる。10年、シーズン3位からクライマックスシリーズを勝ち抜いて日本一となり「史上最大の下剋上」と呼ばれる。14年、現役引退。引退後は、野球解説者として活躍中。現在、「グッド! モーニング」(テレビ朝日系)、「里崎智也のスポーツ直球勝負」(ニッポン放送)、「The BAY☆LINE」(bayfm78)などにレギュラー出演中。

テリー 里崎さんの今年の順位予想を見ながらお話ししたいんですけど‥‥ちょっと待ってくださいよ! ジャイアンツが4位? これは、ファンとしては納得できないなァ。

里崎 ハハハハ。それ、上原(浩治)さんの加入前の予想ですから。上原さんが入ってから、予想が難しくなっているんですよ。

テリー あ、やっぱり大きく違ってきますか。

里崎 はい。ジャイアンツの欠点は中継ぎ以降が不安定なところで、特に近年は後ろのピッチャーがしっかりしてないと上位に行けないんですよ。今、12球団どのチームも大勝・大敗の数は変わりませんから、1点差のゲームをどれだけモノにできるかで順位が決まっていく。となると、後ろのピッチャーの重要度は計り知れない。そんな中に上原さんが入ってきましたから、7回ぐらいにハマってくれば安心感は増します。

テリー なるほど。そうなると、まず先発は?

里崎 菅野(智之)、田口(麗斗)、野上(亮磨)、山口俊。

テリー 抜けたマイコラスの分を、野上と山口で抑えられますか?

里崎 正直、きついですよね。あとは、ケガから復帰した畠(世周)とか桜井(俊貴)とかですかね。

テリー 僕は正直、その2人は厳しいと思いますね。中継ぎは上原と‥‥。

里崎 やはりマシソン、カミネロですね。

テリー オープン戦を見たら、去年ケガでダメだった澤村(拓一)がいけそうでしたけどね。

里崎 ええ、澤村と西村(健太朗)が、6回あたりに来ると強いですよ。

テリー ということは、先発は5回まででいい、と。昔はピッチャーって、8回ぐらいまで投げていましたけどね。

里崎 これは僕の考えですけれど、たぶん今は変化球の種類が増えて、肩と肘がもたなくなっているんじゃないですかね。昔は直球、カーブ、シュートぐらいだったのが、今はもうツーシームからカットからいっぱいあって、体の消耗度は高いと思いますね。

テリー ああ、なるほど。ピッチャーは本当に大変だよね。

里崎 いや、僕はピッチャーがいちばん楽やと思っていますよ。

テリー えーっ! そんなことないでしょう?

里崎 いやあ、ピッチャーは唯一受け身じゃないポジションですから、他人に合わせなくてもいいんです。だから自分がパーフェクトなことをすれば、それなりにパーフェクトな結果が絶対ついてくるんですよ。つまり、ピッチャーは自分のことだけやっていればいいんで、いちばん楽そうやと思いますね。

テリー なるほど、そういう考え方もあるのか。おもしろいね。

里崎 だから、誰か「絶対プロ野球選手になりたい」と思うのなら、まずピッチャーをやったほうがいい。1ドラフトで40%はピッチャーですから、入団する確率も高いですし(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?