芸能

マツコもびっくり!テレビ画面に映してはいけなかった二世タレントとは?

 父親は誰でも知っている有名人で、その息子も芸能の世界に飛び込んだものの、なぜかテレビに映してもらうことは許されなかった。そんなエピソードが3月29日放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)で放送された。

 マツコ・デラックスが深夜の東京をうろつき、様々な人々と交流する同番組ではこの日、過去1年間の放送から未公開場面を特集。同級生の木村拓哉と都内の神社を巡る回では、合格祈願の東大受験生が「キムタク、マジ好き!」と喜ぶシーンが映し出され、視聴者をほっこりさせていたようだ。

 そしてマツコが鶯谷の中華料理店で地元の学生たちと飲み明かした場面には、とある二世タレントも登場。ところが昨年6月22日の放送時には、そのタレントを画面に出すことができなかったというのである。なぜ彼を映してはいけなかったのか。テレビ誌のライターが解説する。

「その人物とは落語家・林家正蔵の息子で、やはり落語家の林家たま平。たま平は偶然にも同じ中華料理店で飲んでおり、マツコが話を聞こうとしたのですが、たま平は『テレビには映れないんです』と出演を固辞していました。というのも当時のたま平は“前座”の立場だったから。落語界のルールとして前座のうちは、テレビに出演してはいけないんだそうです。それが昨年11月にはついに“二つ目”に昇進。ここから一人前の落語家とみなされるため、今回の総集編では晴れて画面に出ることができたというわけです」

 そのたま平は、キリっとした眉毛がイカす今時の若者で、父・正蔵の面影はほとんど感じられない。マツコも「似てないわねえ」と語っていたが、その男前ぶりは今回の放送で広く知れ渡ったのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!