スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「エポカドーロが先行抜け出す」

 桜花賞は期待どおり見応え満点の激しい決着だった。今週のメイン、皐月賞は、どんなドラマが生まれるのだろうか。

 ここ何年かは顔ぶれがよく、ドラマチックな競馬が展開されたが、今年もファンの目が釘づけになること請け合いである。

 最有力候補と見られていたダノンプレミアムは、挫跖で回避となったが、共同通信杯を勝って目下3連勝中のオウケンムーン。京成杯を制して、ここ一本に満を持すジェネラーレウーノ。GIホープフルS2着の良血ジャンダルム。朝日杯FS2着、スプリングS1着と周囲の期待が大きいステルヴィオ。ホープフルSを勝利し、将来を嘱望されるタイムフライヤー。そしてスター候補で今回最有力と見られるワグネリアンという面々が、どんなパフォーマンスを演じてくれるのか。馬券抜きにしても楽しみなレースである。

 が、そうは言っても、馬券を的中させないことにはおもしろ味は半減する。ただ皐月賞は、人気、下馬評どおり、順当に収まるとはかぎらない。

 馬単が導入された03年以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのが7回(馬連4回)。この間、1、2番人気馬のワンツーは3回あるものの、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は1勝(2着4回)。先の桜花賞に比べて荒れる傾向にあるGIと言っていいだろう。

 その点に関しては出走各馬の父親を見てみるとわかる。ディープインパクト産駒が最も多いのは当然としても、それでも4頭。続いてハーツクライ産駒が2頭で、あとは全て父親が異なる。“種牡馬間戦争”という視点で見るのも一興だろう。

 いずれにせよ、前記した有力勢であっさりと決まるのか。穴党としては、疑ってかかりたいのだ。

 そこで狙ってみたいのはエポカドーロである。

 前走、スプリングSの際も当欄で本命視、推奨したが、さらに強敵がそろうここでも強気にイチオシしてみたい。

 そのスプリングSは、初のオープン戦で一気に相手が強くなったが、にもかかわらず積極策に出て、直線2番手から抜け出すと、最後はステルヴィオの末脚に屈したものの、あわやの好勝負を演じて見せたのだ。

 それだけの力量を秘めていればこその結果だったが、いきなりこれだけの芸当を見せつけるのだから、並の馬でないことは明らかだ。

 使われてさらに良化しており、この中間はいたって順調。1週前の追い切りも実に軽快でリズミカルだった。

「負けはしたが納得できるレース内容だった。まだまだよくなる馬で、一戦ごとに地力強化されており、本番が本当に楽しみ」

 藤原英調教師は、こう状態のよさを強調するが、期待が大きいからこその物言いでもあることは明らかだろう。

 母系は欧州の一流血脈で、一族、近親に活躍馬が多くいる血筋。走りっぷり、血統(母系)から道悪になってもまったく問題はない。晴雨にかかわらず大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!