スポーツ

モナコGPでグリッドガールが復活!レースクイーンは不滅か

「F1」の名で知られる自動車レース「フォーミュラ1」がグリッドガールを廃止すると発表したのは今年2月のこと。グリッドガールとは、レース開始前にドライバーの名前が書かれたボードを持って、マシンの横に立つ女性を指す。日本ではほぼ同じ役割の女性を「レースクイーン」と呼んでいる。

「グリッドガールに関しては以前から『女性蔑視ではないか』との声が上がっていたこともあり、F1を運営するメディア企業が廃止を決めました。この決定にファンはもちろん、ドライバーやグリッドガールの女性たちからも反対の声が上がっていました。今年の開幕戦となったオーストラリアでは女性の代わりに子どもが同じ役割を担っています」(スポーツライター)

 もはやグリッドガールは過去のものと思いきや、5月最終週に行われるモナコGPだけはグリッドガールを復活させることが発表され、ファンを驚かせている。

「モナコグランプリは1992年から開催されている大会で、第二次世界大戦の中断をのぞいて毎年開催されている歴史ある大会です。ヨーロッパのメディアが報じたところによると、主催者であるモナコ自動車クラブが歴史と伝統を理由にメディア企業を説得したとか。これがきっかけでグリッドガール廃止が見直されるかもしれません」(前出・スポーツライター)

 モナコが火を点けたグリッドガール復活の動きに、他の大会も追随する模様。9月に開催されるロシアGPでも復活に向けて開催者とメディア企業が話し合いを持ったとレース専門のニュースメディアが伝えている。

「ロシアGPのグリッドガールは全大会の中でも特に美女ぞろいで、肌見せが多くて艶度が高いことで知られています。それが廃止されてガッカリしていたのですが、復活の目が出てきたということで喜んでいる人も多い。ちなみにロシアGPにはプーチン大統領が訪れます。F1の最高責任者が『ロシアGPが成功したのはプーチン大統領のおかげである』と語ったこともあり、ロシアGPに対して影響力を持っているのは間違いありません。復活に向けて話し合いを持つようプーチン大統領が指示したのかもしれません」(前出・スポーツライター)

 この勢いでグリッドガールが完全復活してくれれば、ファンにとっては一番喜ばしい展開に違いない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?