スポーツ

打撃成績は「リーグワースト」!鳥谷が株主総会のエジキになる?

 この打撃成績でAクラスの3位をキープしているのだから、ある意味、奇跡である。松山でのヤクルト2連戦を迎える金本阪神のチーム打撃2割2分2厘、本塁打9、得点55、盗塁1はすべてリーグワーストだ。チーム防御率3.28は同2位(4月23日時点)。完全な投高打低である。

「オープン戦後半から打撃陣は不振でした。金本(知憲)監督=50=は試合を重ねるにつれ、だんだん調子を上げていくと見ていましたが、ペナントレースが始まって、まもなく1カ月がたとうとしています。このままズルズルと順位も落ちていくかもしれない」(ベテラン記者)

 打撃不振の一因は、ベテラン・鳥谷敬(36)にある。ロサリオ(29)の年俸が3億4000万円(推定)。「本塁打1」という今の成績では完全な“不良債権”だが、鳥谷はそれ以上に「費用対効果」が悪い。4億円プレーヤー・鳥谷の打率は1割4分6厘、連続試合出場の記録は更新されているが、スタメンを外されることも多くなった。

「ファンの受け止め方も変わってきました。鳥谷がスタメン落ちしても驚かなくなったんです」(在阪記者)

 過去2年、ファンは「金本監督が鳥谷に厳しすぎる」と見ていた。連続フルイニング出場の記録が途切れた16年シーズンは「やりすぎ!」のバッシングも聞かれたが、今年の不振を見て、「金本監督は正しかった」という声に変わってきた。

「鳥谷は将来の監督候補です。それを考えると、金本監督は連続試合出場の記録更新のため、使い続けなければなりません。チームに強い影響力を持つベテランであり、フロントも無下にはできません」(前出・在阪記者)

 鳥谷は5年総額20億円の複数年契約だから、来季も安泰だ。しかし5月になれば、虎ファンがキツイお叱りを浴びせる株主総会も開催される。それまでに復調が見られなければ、今年の総会は「優勝のため、非常に徹しろ。鳥谷を外せ」なんて罵声が飛び交うかもしれない。

(飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え