スポーツ

イチロー特別処遇の裏にあったマ軍「レジェンドの晩節を汚した」トラウマ!

 イチローの「会長付特別補佐」就任を事実上の引退と見る向きは強い。チームに帯同し、一緒に練習はするが、試合出場はできない…。「来季、日本で開催されるマリナーズの開幕戦を見据えて、イチローを引き止めたのではないか?」との見方もされているが、球団が苦慮を重ねていたのは本当のようだ。

「マ軍にはフランチャイズスターの晩節を汚したトラウマがありますから」(米国人ライター)

 メジャーリーグでは一流プレーヤーが古巣球団に戻ってきて、そこで引退するというパターンも定着している。

 2008年オフのことだ。マリナーズはケン・グリフィーJr.を呼び戻した。すでに通算610本塁打もマークし(当時)、走攻守すべてにすぐれたスター選手だったが、往年の輝きは失い、契約終了と同時にホワイトソックスを解雇されてしまった。そこに声をかけたのが、メジャー生活をスタートさせたマ軍だった。慣例にならい、「フランチャイズスターが地元ファンに最後のお別れを」となるはずだったが、09年のグリフィーJr.は活躍し、その相乗効果でチームも85勝を挙げる大躍進を果たした。

 そこで、欲が出てしまったのだ。「来年は地区優勝」の気運も高まる中、マ軍はグリフィーJr.と再契約を交わした。案の定、グリフィーJr.は大不振でマイナー落ちし、チームも大敗を喫した。マ軍は「レジェンドの晩節を汚してしまった」と後悔したが、グリフィーJr.自身も思うところがあったのだろう。いまだ引退会見を行っていない。

「マ軍のジェリー・ディポトGMは『イチローを獲得した当初から、故障者が復帰してくる5月に彼の処遇を決める方針だった』と話しています。イチローというフランチャイズスターへの経緯はもちろん、グリフィーJr.の晩節を汚し、ファンに非難された過ちを繰り返してはならないと悩んでいたんでしょう」(前出・ライター)

 イチローが不本意な名誉職を受け入れたのは、マ軍の苦慮を察したからかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃